FFオリジン 斬鉄剣ビルドの作り方(次元の迷宮前半向け) 【FF仁王、ストレンジャー オブ パラダイス】

スポンサーリンク

斬鉄剣ビルドの作り方

それなりに簡単に作れて、ダンジョン探索でゆっくりと次元の迷宮を進めていけるガバガバ斬鉄剣ビルドの紹介です。

そんなに強くない…というより、次元の迷宮後半のボスはHPがアホみたいに高く、最大ダメージ99999の斬鉄剣を連発したとしても瞬殺は絶対に無理なので、火力と同時に防御力も長時間維持する必要に迫られます。

故に、火力だけでどうにかなるのは次元の迷宮の前半のみということです。

次元の迷宮の攻略のコツはこちら。

メインジョブ … バーバリアン(ブレイカー)

メインジョブは、斬鉄剣を使用するので当然ブレイカー

クラスチェンジはバーバリアンだと斬鉄剣の射程が伸び、ウォーダンだと斬鉄剣の溜め段階が増えて威力が上がる。射程が長い方が何かと便利なのでバーバリアンにするのがおすすめ。

必要なジョブ適性

ジョブジョブ適性理由
暗黒騎士400~600ラストリゾート(瀕死時に発動する全ての効果を常時発動)で、装備につけた瀕死時与ダメージ+を発動させるため。
600にすると暗黒騎士の知恵がパワーアップして力を上げられるため、最終的にはそこを目指す。
ブレイカー160~600最低限、ブレイカーの知恵が発動して力を上げられればOK。どっちみちメインジョブなので自然に高めになるはず。
600にするとブレイカーの知恵がパワーアップして力を上げられるため、最終的にはそこを目指す。
幻術士400クリアマインド(HP最大時にMP回復)のため。
その他160○○の知恵で力が上がるものなら何でも。

装備の特殊効果

斬鉄剣の与ダメージ+ > 斬鉄剣の消費MPー > 斬鉄剣の溜め時間短縮+ ぐらいの優先度で、上記で選んだ装備に斬鉄剣に関する特殊効果を合成していく。

カオス効果やジョブ適性ボーナス付きだと尚良い。

さらに、カオス効果やジョブ適性ボーナス付きの力+、瀕死時与ダメージ+、溜め攻撃与ダメージ+も合成していく。カオス効果やジョブ適性ボーナス付きの装備がなかった場合は、ひとまず特殊効果の変更でこれらの特殊効果を付けておき、後でカオス効果やジョブ適性ボーナス付きのものが入手できたら合成すればOK。

マスターポイントの振り方

マスターポイントの前に、まずバーバリアンのジョブツリーを全て解放してステータスを上げておくこと。

以下の振り分け先がだいたい優先で、あとはテキトーに。

カテゴリー振り分け先
カテゴリー①・力+(これが最優先)
・ブレイカージョブ適性(600など、欲しい効果に足りない時に)
カテゴリー②・瀕死時与ダメージ+(これが優先)
・HP最大時与ダメージ、溜め攻撃与ダメージ+(どっちでも)
カテゴリー③・ソウルバースト:MP回復
カテゴリー④・強化効果時間延長(ポイント余っていたら)

コマンドアビリティ

与ダメージを上げるマイティストライク、示現の太刀、敵に狙われにくくするインビジあたりが筆頭候補。

ブリンガーは使わないので何でも良い。

サブジョブ … 忍者

サブジョブは、無限に投げられる手裏剣をチェインキャンセルして最大MPを上げられて、空蝉で3回与ダメージを無効化できる忍者が便利。

実際の戦闘はしないので、クラスチェンジとマスターポイントの振り方は何でも良い。

ボス戦はしない想定なので、幸運を上げたりシーフのジョブ適性を上げたりは考えない(忍者がとどめを刺す機会がないので)

必要なジョブ適性

ジョブジョブ適性理由
ヴォイドナイト400パワーオブヴォイド(コマンドアビリティの消費MPが大きく減少)でバフが使いやすくなる。
召喚士120チェインキャンセルで最大MPが増加する。これが最重要。
白魔導士120自身を強化する効果の効果時間が延長される。
250継続は力なり(チェインキャンセルすると一定時間与ダメージ増加)が目的だが、効果時間が短すぎて有効活用が難しいので、あったらいいな程度。

装備の特殊効果

強化効果時間延長+を特殊効果の変更でつけるだけでOK。余裕があれば、カオス効果やジョブ適性ボーナス付きのものを合成しても良い。

次元の迷宮内での魔物の育成

力を上げてくれるディープ(サハギン)を召喚したら最優先でアクティブにしておくこと。

他に、ブレイカーと暗黒騎士のジョブ適性を上げてくれるトンベリも、召喚できたらアクティブにしておくと良い。ブレイカーのジョブ適性を600に上げやすくなる。ただ、ブレイカーはジャックが使うので徐々にジョブ適性が上がっていくが、暗黒騎士は誰も使わないため+15%から変わらないので注意。

ジョブ適性ボーナス付きの装備が増えてきたら、幻想と終極の適性を上げてくれるドーン(ピスコディーモン)もアクティブにしておくと良い。

その他、自分のビルドに組み込まれているジョブ適性を上げてくれる魔物と、そのジョブにジョブチェンジ出来る仲間の組み合わせを吟味してアクティブにしていこう。

実際の立ち回り

ボス戦ではなく、「ひずみを探す」や「カオティックモンスターを倒す」を想定。

次元のひずみに入ったら、まずは開始地点で忍者になって手裏剣をチェインキャンセルし、最大MPをMAXまで上げる。空蝉もこの時かけておこう。

最大MPがMAXになったら、バーバリアンに切り替えるか消費アイテムのエーテルを使うかして、MPを増やす。

MPがほどほどに増えたら再び忍者に切り替えて、マイティストライク、示現の太刀、インビジをかけて、ようやくダンジョン探索開始。

敵を見つけたら、斬鉄剣で倒す。倒すとMPが回復するので、忍者に切り替えてからコマンドアビリティ3つをかけ直して、バーバリアンに戻す。以降、忍者でバフをかけてバーバリアンでMPを回復させながら探索して斬鉄剣で敵を倒すの繰り返し。空蝉が切れたらすぐにかけ直すこと。

被弾して最大HPカットの状態にされるとMPが自動回復しなくなってしまうため、ハイポーション等は常備してすぐに使える状態にしておこう。

味方2人が健在で、且つビッケ船長などの弱いボスで、消費アイテムをジャブジャブ使っていけば次元の迷宮の50階くらいまでは同じ立ち回りで倒せないこともないが、まぁボス戦は避けた方が安全。

スポンサーリンク

FFオリジンの次にプレイするなら?

FFオリジンと同じチームが製作した死にゲーである「Wo Long: Fallen Dynasty」が、来年2023年3月に発売予定。

FFオリジンのDLC第3弾も攻略し終えたら、新たな死にゲーに挑戦してみるのがおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました