メガトン級ムサシ 初心者向け攻略指南

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こちらのページでは「メガトン級ムサシ」を始めたばかりの人向けに、様々な強化の項目や強敵の攻略法についてのアドバイスを紹介している。

強化できる部分が多すぎて困っているプレイヤーがいれば、参考になれば幸い。

ストーリークリア後の高難易度ミッションである超弩級ミッションについては別ページで紹介しているので、ゲームに慣れてきたらそちらのページも見ていただきたいところ。

スポンサーリンク

カスタマイズ

カスタマイズはメガトン級ローグのパーツや武器を組み替えたりする項目で、アドベンチャーパートでのメニュー画面やミッション出撃前の画面から入ることが出来る。

ストーリーを進めると徐々に出来ることが増えていくので、慣れていない方は何から手を付けたらいいか分からなくなるかもしれないが、それぞれの項目で何をすれば良いのか、順を追って説明していきたいと思う。

ローグハンガー

ローグハンガーは、ローグの体を構成する4つのローグパーツ(ボディ、ライトアーム、レフトアーム、レッグ)とイーグルブースター、そして武器を組み替えることが出来る。

どんどん新しいパーツを入手してローグを強くしていくハクスラ要素ことが、このゲーム最大のキモ

どういうパーツを選べばいい?


この手のパーツ組み替え系ロボットゲームではパーツの色を自由に変えられるのが定番だが、「メガトン級ムサシ」ではパーツの色を自由に変えることが出来ない

正確に言うと、形と色を指定して新しくパーツを作ることは可能だが、ミッションでドロップしたパーツの色を後から変えるということは出来ない。


ver.1.3.0のアップデートにて、プレイヤーの待望だった入手済みのパーツの色を変えるカラーリペイントが可能になった。

低レアのパーツでは要求される塗料とお金が少ないため、お気に入りのパーツをカラーリペイントして使用していくのも悪くないが、ストーリー攻略中は装備ランクの高い強いパーツがどんどん入手できるため、基本的にはどんどん新しいパーツに入れ替えていくプレイスタイルになりやすい。

そのため、ストーリークリアまでのプレイでは見た目は度外視でパーツを選ぶことになる。

見た目を度外視すれば、あとは装備ランクでソートして総合戦闘力の高いパーツを選ぶだけで、特に問題なくストーリークリアまでプレイすることが可能。
 

今装備しているパーツより総合戦闘力が高いものには、低いものにはが表示されるので、新しいパーツが入手できたら順次強いものに更新していけば良い。

同じローグのパーツ(ムサシならムサシ、アーサーならアーサー)で揃えるとセット効果で強くなったりはするものの、ドロップで同じローグのパーツが揃うかどうかは運次第なので、最初は揃ったらラッキーくらいの気持ちでいればOK。

後述する増設ユニットの装備スロットが、パーツによって増減するため、総合戦闘力は上がるが装備スロットは減るという場合は、総合戦闘力を優先するか増設ユニットの能力を優先するかは、考える必要がある。

武器の選び方

体のパーツ選びよりも重要なのが、武器の選び方。

武器は近接武器が4種類(ソード&シールド、デュアルソード、グレートソード、ナックル)、射撃武器が4種類(マシンガン、ハンドキャノン、ショットガン、バズーカ)の計8種類があり、さらにそれぞれに属性もあるので、体のパーツのように単純に数値が高いものを選べば良いわけではない

では何を基準に選べば良いのか?

属性が大事

武器には、攻撃の種類に関する破壊、斬撃、射撃の3属性と、ビームパワーの五行っぽい5属性をかけあわせた、全15種類の属性のいずれかが設定されている。

ミッションで登場する敵にはこの15種類の属性の内いずれか1つが弱点属性として設定されており、弱点に完全に一致する属性の武器で攻撃するとダメージが上がる。

そのため武器を選ぶ際は、DPSでソートして、敵の弱点になるべく合致する属性を持つDPSの高い武器をミッションごとに付け替えることが基本になる。

DPSはダメージ・パー・セコンドの略で、1秒あたりに与えられるダメージ量を表すゲーム用語。ゲームに慣れない内は、DPSが高い武器が強い武器だと考えておけば特に問題はない。

「メガトン級ムサシ」ではわざわざ各武器のDPSを表示してくれているので、ありがたく利用させてもらおう。
 

ミッションタイトルの下に表示されているおすすめ属性の通りの敵がミッション中に登場する。この画像のミッションであれば、破壊/雷斬撃/雷射撃/パワーの武器を持っていけば良い。

弱点に完全に合致する武器が無ければ、3属性か5属性のどちらかが合致する属性の武器でOK。
(例えば、斬撃/炎が弱点の敵であれば、斬撃/ビーム射撃/炎の武器であっても片方の弱点は突ける)

弱点に完全に合致していても、DPSがあまりに低いとダメージを与える効率が悪いので、DPSと属性のバランスを考えながら武器を選ぶことが重要になる。

選ぶのが面倒であれば、出撃前の画面でおすすめ装備ボタンを押せば、属性の合う強い武器を勝手に装備してくれる

 
それ以外にも、例えばバズーカの中にも、弾が散弾するものだったり弾数が1しかないものがあったり武器ごとに細かい違いがあったりするが、その辺はゲームに慣れてから突き詰めていくと良い。

おすすめ武器

筆者の主観によるおすすめなので、まぁ参考程度に。

破壊、斬撃
近接武器は、射撃武器ほど武器ごとの違いがない気がする。

 
射撃
・レールシューター(ハンドキャノン)
特定の状況で謎の多段ヒットが発生し常軌を逸したダメージが出る壊れ武器。きちんと多段ヒットさせられれば、超弩級ミッションの大半のボスは秒殺できる。

アイコニックレジェンダリーが存在しないのでスペック自体は低いが、その分入手が簡単なのも強み。

「メガトン級ムサシ」がもう少しプレイヤー人口の多いゲームであれば速攻でナーフされていたと思う。

 
・ショットガン全般
ある程度ショットガンごとに個性もあるが、全体的にヒット数が高いので雨宮零士のアビリティ驚異的な集中力と組み合わせることで、ヒットボックスの大きい巨大ボスに全弾当てているだけでTPがモリモリ回復していく。

30ヒットごとに体力が回復するコンボヒーリング等のスキルとも相性がよく、攻撃面と防御面のバランスも良い。

バズーカがザコ戦向きだとすれば、ショットガンはボス戦向き。

 
・ハイドロバズーカ(バズーカ)
着弾すると巨大な爆発が起こって多数の敵にダメージを与えられる代わりに、弾数が1しかないという漢の武器。ただ弾数は増設ユニットのマガジンプラスや、アビリティの弾倉拡張テクニック等で簡単に増やせるので特に困らない。

敵が多すぎて近接攻撃を邪魔される時に、遠くからハイドロバズーカを連射していれば、時間はかかるが安全に敵の数を減らせるので便利。とりあえず雑に撃っているだけでも強い。

リサイクルの射撃武器BOXがランク★★になるとリサイクルでガンガン作れるようになるので、使わないとしてもお守り代わりに装備しておくと良い。

爆発が大きすぎて敵の攻撃モーションがほとんど見えなくなるのだけが弱点。

回路開発&マザーボード

回路開発はいわゆるスキルツリー的な項目で、ここで開発した回路や必殺技をマザーボードに配置することで、ローグの性能が上がったり、必殺技を変更したり出来る。

必要最小限の回路だけでもローグは動くが、ストーリー序盤で開発できる回路だけでも、近接ダメージ+50%くらいなら簡単に上げられるので、ぜひマザーボードの配置にはこだわってみてほしい。

ver.1.4.0のアップデートで、おまかせでマザーボードも回路も自動で選んでくれる機能が追加されたのでそれを利用するのも手だが、出来上がる構成がイマイチなので出来れば自分でいろいろ考えて配置する方が良い。

おすすめ回路

CPU
・ストライクアサルト、シューティングアサルト、テクニカルアサルト

近接、射撃、必殺技のダメージ上昇。自分がよく使う攻撃手段に合わせると良い。

・コンボアサルト
コンボ数に応じて与ダメージ上昇。コンボ数を稼ぎやすいショットガン使い向け。

・アタックリミッター、ディフェンスリミッター
敵にデバフをかける。僚機のマザーボードを編集できる余裕が出てきたら、僚機につけると良い。

電源
・TPリジェネ

TPの自然回復量が上がる=必殺技がたくさん撃てるようになる。強いマザーボードには電源が2つ以上付けられるようになるので、TPリジェネのLV1とLV2(素材に余裕があればLV1をLV3に入替)を付けるのがおすすめ。

メモリ
・クリティカルライズ

クリティカル率上昇の回路。本当なら敵の弱点属性ごとにファイアライズ等の弱点属性特攻の回路を付けた方が良いだろうが、いちいち付け替えるのが面倒なのでクリティカルライズが楽。

・テクニカルライズ
必殺技のダメージ上昇の回路。TPリジェネやアビリティでTP回復量を上げて、必殺技を連発していくプレイスタイルの時に。

戦闘チップ
・ストライクアップ

近接ダメージ上昇の回路。CPUにストライクアサルトを付け、戦闘チップにストライクアップLV1~3を全て付け、拡張スロットにサーキット○○系を上手く配置すれば、近接ダメージ+50%くらいは簡単に上げることが可能。 本当はストライクアップLV4も付けたいが、序盤だと素材が集めづらいので後回しになる。

・クリティカルアップ、ダメージカット
クリティカルダメージ上昇と、被ダメージ軽減の回路。ストライクアップを付けられるだけ付けて、それでもスロットが余った時に。

冷却ファン
・サーキットブースター、サーキットブースターL

他の回路を強化するサーキット○○系の中では、範囲もそこそこ広めで強化量もそこそこ高い。
サーキット○○系全ての共通点として、強化範囲が狭いものほど強化量が高い。そのため、強化範囲の狭いものでなるべく多くの回路を強化できるように配置することが、マザーボード配置のコツ。

予備バッテリー
・サーキットアシストS

普通のサーキットアシストの方が範囲が広いが、強化量があまりに低すぎるのでほとんど誤差レベル。Sの方がまだマシ。サーキットブースターとサーキットサポーターがあまり合わない配置の場所に配置すると良い。

クロック増幅器
・サーキットサポーター、サーキットサポーターS、サーキットサポーターL

サーキット○○系の中で一番強化量が高く、その代わりに範囲が狭い。サーキットサポーターでストライクアサルトとストライクアップを両方強化できるように配置すれば、近接ダメージを効率的に上げられる。

ある程度マザーボードが極まりきってからのおすすめについては、超弩級ミッションの攻略ページで紹介しているので、参考にしていただけると幸い。

素材の集め方

高LVの回路を開発するために必要な高レア素材はいくつかあるが、その中でも数が多めに必要な高圧縮エーテルポリマーは、エンディング後に解放されるマスター以上の難易度でドロップするようになる。

なので序盤で入手するには、公式からの配布か、交換所で収集アイテムと交換するくらいしかない。

入手数は限られるので回路1つくらいしか開発できないと思うが、どうしても早く開発したい回路があるならば、町中やオブリビオンベイを歩き回って、収集アイテムを集めると良い。

高LVの回路や必殺技が開発できるようになってくると、今度は陽電子シリコン結晶材戦闘AIジャンク材等の序盤は余りがちだった低レアの素材の方が枯渇してくるはず。

ゲーム内ヘルプにある通り、回路用の素材は山岳のミッションでドロップしやすい。

クリアしやすい山岳のミッションを周回すれば良いが、強いて言うならフリーミッションの「EX-02 破壊シミュレーション」が、出撃時のムービーが1つ少なく、ボスも特に出てこないので手早く周回できると思う。

デストラクションベース(巨大な砲台みたいな敵)からの砲撃がうっとおしいので、撃たれる前にエクスブレイク等でサクサク倒していこう。

おすすめマザーボード

開発した回路数が50を超えると入手できる「MB-AL Plug12u」が、入手も比較的簡単で、配置できる回路も多いのでおすすめ。

低レアの素材で開発できるテキトーな回路をガンガン作って、早めに入手すると良い。

他には、敵の総撃破数が1000体を超えると入手できる「MB-GL Multi3050」も配置できる回路が多い。

各パイロットで1000体撃破するのがトロフィーの条件にもなっているので、とりあえずローグ1機目メインパイロットの一大寺大和で1000体撃破を狙ってみると良い。

超弩級ミッション「大地を割る四つの斧」初回クリアで入手できる「MB-PZ VITAL1200」は、CPUが2つ配置できる上に入手がまずまず簡単なので、最終的にはそれを狙っていくと良い。

マザーボード配置例

参考に、マザーボードへの回路の配置例を紹介してみる。

必殺技を連発してフォースによるバフを受けつつ、近接ダメージ+100%の近接攻撃で戦っていくスタイル。

高LVの回路をまだ開発できていない時は、低LVの回路で代用すればOK。

アップデートで「MB-PZ VITAL1200」が追加された後はこんな感じ。

CPUが2つ配置できるマザーボードは、それまでの物とはスキルの効果量が段違いになるので、サーキット○○系がなるべくCPU2つとも巻き込める配置にすると良い。

必殺技の選び方

必殺技には大きく分けて、TP消費が少なくて手軽に使えるパワームーブと、TP消費が多くてダメージ量も高く、バフをかけられるフォースフィールドを生み出せるスペシャルムーブの2種類がある。

必殺技は4つまで装備できるので、敵の弱点属性に完全に一致するスペシャルムーブをミッションごとに付け替えるのが理想だと思うが、残念ながらスペシャルムーブが15属性分も用意されていないし、ミッションごとに必殺技を付け替えるのも面倒。

なので、破壊、斬撃、射撃の3つの属性のスペシャルムーブを1つずつ装備するのが、どんなボスにもそれなりに対応できて、且つ労力も少ない。

幸い、ストーリー進行で使えるようになるメガトンパンチ(破壊)、エクスブレイク(斬撃)、デフュージョンブラスター(射撃)がちょうど3属性になっており、3つとも前方にまっすぐ攻撃が飛んでいくタイプの必殺技なので、クセもなく使いやすい。

他の必殺技にこだわりが無ければ、ストーリークリアまでこの3つのスペシャルムーブで特に問題はないと思う。

他には、視界に入っている敵全てに当たるマルチターゲットミサイル(射撃)なんかも、ザコが多くて面倒くさい時に雑に撃っていけるので便利。

残る1枠には、テキトーなパワームーブを装備していくと、固めのザコなんかにも気軽に必殺技を使っていける。

パイロット変更

ストーリーを進めると、パイロット変更で各ローグのパイロットを自由に乗せ換えることが可能になる。

ストーリーミッションでは、各ローグのパイロットが固定されるミッションがほとんどなので、ストーリーミッションを全てクリアするまでは3機ともデフォルトのパイロットにしておくのが無難(フリーミッションで乗せ換えていても、ストーリーミッションの度に強制乗り換えなので)

ストーリーミッション攻略中は、出番の多い大和に強いアビリティを集中させておこう。

フリーミッション等でパイロットを変更する場合、アビリティはわりと自由に付け替えが出来るので、好きなパイロットを使えばOK。各パイロットで敵1000体撃破がトロフィー条件なので、トロコンを狙っているのであれば、1000体撃破ことにパイロットを変えていくと良い。

パイロットにはアビリティを5つまで装備できるので、使うアビリティを5つ決めておいて、パイロットを変更する度にアビリティを付け替えていくと、どのパイロットでも使用感が変わらないのでおすすめ。

おすすめアビリティ

自分が操作するローグのパイロット向け
※伊伏銀太、金田一巧、芥川康太はストーリーミッションのエンディング後に加入。

天性の格闘センス(一大寺大和)、類稀な射撃センス(雨宮零士)
近接or射撃のダメージが上昇。メインにつけても僚機につけても腐らない。

止まらない勢い(一大寺大和)
フォース時間の延長。
マザーボードのTPリジェネ、増設ユニットのフォースタイムと組み合わせることで、フォースによる攻撃バフをガンガンかけていけるようになる。

怒涛のコンボアタック(一大寺大和)、射撃性能拡張コード(芥川康太)
フォースレベルによる近接or射撃ダメージ上昇。 近接か射撃、よく使う方をつけると良い。

射撃武器サーチ(浅海輝)、近接武器サーチ(土方龍吾)、パーツサーチ(金田一巧)
武器とパーツのドロップ率上昇。他に欲しいアビリティが無い時に。

超人的な機体制御、驚異的な集中力、好機を生み出す才能(雨宮零士)
TP回復系。驚異的な集中力は記憶操作記録を集める必要があるので、超人的な機体制御か、好機を生み出す才能の方がレベルアップさせやすい。大和のフォース系のアビリティと組み合わせたい。

一撃必殺の構え、鉄拳の型(早乙女萌々香)
クリティカル率、クリティカルダメージの上昇。どちらかと言えば、クリティカル率を上げた方が良い気がする。

攻撃は最大の防御(伊伏銀太)、特殊回復プロトコル(芥川康太)
攻撃すると体力が回復する系。あまりにもダメージを食らいすぎてクリア出来ない時に。

ハイランクサーチ、ハイレアサーチ(伊伏銀太)
その名の通り、装備ランクが高いor高レアのアイテムのドロップ率上昇。射撃武器サーチ、近接武器サーチと入れ替えると良い。

弾倉拡張テクニック(金田一巧)
射撃武器の弾数が増やせる。ハイドロバズーカ等の弾数が少ない射撃武器を使いたい時に。

 
僚機向け
僚機のパイロットにしたキャラに、ユニゾンアビリティでつけると良さそうなスキル。

ガン飛ばし(土方龍吾)
敵に攻撃力ダウンのデバフをかける。

防御弱体プログラム(芥川康太)
敵に防御力ダウンのデバフをかける。
 
 
より火力や時短を求める段階になってからのおすすめについては、超弩級ミッションの攻略ページで紹介しているので、参考にしていただけると幸い。

2機目&3機目のローグ

ストーリーを進めると、僚機となる2機目、3機目のローグも使えるようになり、1機目のローグと同じようにパーツ、武器、マザーボードの回路配置、パイロットが変更できる。

2機目、3機目のローグはCPU操作でミッションに同行してくれるし、ミッション中に操作するローグを切り替えて、自分で操作することも可能。

ただ、1機目と総合戦闘力が同じようなパーツで組んだり、マザーボードに完全に同じ回路を配置するのは素材収集が大変なので、基本的にはマザーボードに最低限の回路と必殺技を配置し、1機目の型落ちのパーツと、近接&射撃武器を1つずつ装備して、CPU操作専用の僚機にするのが楽。

ある程度お金や素材に余裕が出来てきたら、僚機に敵へのデバフのアビリティや回路をつけることで、ソロプレイの高難易度ミッションも多少楽になる…かも。

スポンサーリンク

研究所

研究所はローグのパーツや武器を作ったり強化したりする項目で、アドベンチャーパートでのメニュー画面やミッション出撃前の画面から入ることが出来る。

いろいろ出来ることはあるが、不要なパーツを分解してリサイクルすることでより強いパーツを入手できること。増設ユニットセットで増設ユニットを各パーツに装備することでローグを強化できること。この2点を覚えておけば、ストーリーのクリアには問題ない。

他の項目は、ゲームに慣れてきたら触ってみればOK。

開発

開発はお金(クレジット)と専用素材を使って、指定もしくはランダムでパーツと武器を作ることが出来る。

指定開発は(入手したことのある色なら)自由に色を選んで作ることが出来るので、ローグの見た目にこだわりたい人はお世話になるはず。

ローグの4部位のレアリティが揃うとそのレアリティのパーツが開発できるようになる。
例えば、ムサシの4部位全てのレアを入手するとムサシのレアエピックが開発可能、アーサーの4部位全てのエピックを入手するとアーサーのエピックレジェンダリーが開発可能という感じ(上位レアになる確率は低い)

つまりドロップ等で高レアのパーツを揃えないと高レアのパーツを開発することは出来ない。加えて序盤はお金にも余裕がないので、利用するのはある程度ゲームをやり込んでからとなる。

ちなみに、画像のアーサーのようにレフトアームのみがレアという場合、アーサー・レフトアームを何個か作ってみてエピックを入手できると、アーサーの4部位全てでエピック以上が開発可能になる。

なので、特定のローグの高レアリティのパーツが欲しい!という時は、レア度が足りてない部品をガンガン開発して入手最高レアリティを上げると良い

アップグレード&オーバーリミット

アップグレードは、レジェンダリーのパーツ・武器の装備ランクを現在のプレイヤーランクにまで引き上げたり、最高レアであるアイコニックレジェンダリーの装備ランクを上げる項目。
お気に入りの特殊効果がついているレジェンダリーの装備ランクを上げるか、アイコニックレジェンダリーを装備ランク50以上に上げるために使う。

オーバーリミットは、お金とメガトニウム鋼を使用してレジェンダリーのパーツや武器の性能を強化する項目。
装備ランクを60まで上げ切ってしまったレジェンダリーとアイコニックレジェンダリーをさらに強化するために使う

どちらもエンドコンテンツで使うような項目で、必要なお金も莫大なので、ストーリーのクリアには用はない。

分解&リサイクル

分解で不要なパーツをジャンク○○に変換し、リサイクルでジャンク○○を各BOXに投入すると、BOXのランクに応じた強力なパーツを入手できる

使わなくなったパーツはガンガン分解してリサイクルしていけば良い。

リサイクルするごとに、リサイクルでレジェンダリーが入手できる確率が1%ずつ上がっていき、レジェンダリーを入手すると確率はリセットされる。

よほど運が悪くない限りは何個かに1個は必ずレジェンダリーが入手できるので、やはりガンガン分解してリサイクルしていけば良い。

増設ユニットセット

各ローグパーツと武器には、最大3つまで増設ユニット(強化パーツ的なもの)を装備することが出来る。

一つ一つの強化量は微々たるものなので、なるべく同じ効果のものをたくさん装備することで、ようやく現実的な強化量になる。マザーボードに装備した回路や、パイロットに装備したアビリティとシナジーのあるものを選ぼう。

注意点として、使用していない武器に装備されている増設ユニットは効果を発揮しない
例えばハイドロバズーカにマガジンプラスを装備した場合、ハイドロバズーカの弾数は増えるが、それ以外の2つの射撃武器の弾数は増えない。

なので、3つの射撃武器全ての弾数を増やしたい時は、射撃武器そのものではなくボディ等の体のパーツにマガジンプラスを装備すると良い。常に効果を発揮させたい増設ユニットは武器にはつけないこと

おすすめ増設ユニット

序盤は増設ユニットを装備するためのパーツの装備スロット数が安定しないので、増設ユニットについて考え始めるのは、装備スロットが安定するエピックレジェンダリーでパーツを固められるようになってから。

そこからの増設ユニットのおすすめについては、超弩級ミッションの攻略ページで紹介しているので、参考にしていただけると幸い。

ユニットリビルド

ユニットリビルドは簡単に言うと、増設ユニットそのものを素材にして増設ユニットを作る項目。増設ユニット版のリサイクルだと考えれば良い。

装備ランクが低くて使いものにならない増設ユニットは、ユニットリビルドで新しい増設ユニットに作り替えるか、分解してお金に変えてしまおう。

ただ、時間的にもお金的にもコスパが圧倒的に悪いので、正直使わない。

カラーリペイント

カラーリペイントは、所持しているパーツの色を塗り替える項目。ゲーム発売当時は無かったが、アップデートで追加された。

ドロップ素材の塗料とお金を使用することで、所持しているパーツの色を好きな色に塗り替えることが出来るので、ローグをさらに自分好みの見た目にすることが出来る。

低レア、低装備ランクのパーツでは要求される塗料とお金が少ないため、ストーリー攻略中でもローグの見た目にこだわりたい人は気軽にカラーリペイントしてみても良い。

最高レアのアイコニックレジェンダリーともなると、塗料はともかくお金はそこそこの額が要求されるため、気軽にカラーリペイントなど出来ない。

また、一度入手したことのある色にしか塗り替えられない仕様のため、そもそもオリジナル以外の色を入手しづらいアイコニックレジェンダリーでは好みの色で統一するためにカラーバリエーションを増やすことすら一苦労。そういった意味でも、超弩級ミッションをプレイしている人の方が手を出しにくい項目かもしれない。

スポンサーリンク

ショップ

ショップはローグのパーツや武器を買ったり、交換所で収集アイテムと素材を交換したり出来る項目で、アドベンチャーパートで町やオブリビオンベイの各ショップに直接赴いたり、メニュー画面から入ることが出来る。

重要なのは交換所で、収集アイテムであるMEGAメダル、異星人の痕跡、記憶操作記録、アカモンスタンプ、KJグラフィティと、マザーボードや高レア素材、アナザーストーリー用のトークン等が交換できる。

交換所で入手できるマザーボードは、上記おすすめの「MB-AL Plug12u」や「MB-GL Multi3050」に比べると配置できる回路の数が少ないので、交換する優先度は低い(マザーボードの入手数に関するアチーブメントがあるので完全に無駄ではない)。

マザーボードよりは、回路開発に必要な高レア素材だったり、キャラが好きな人はアナザーストーリー用のトークンを交換する方がおすすめ。

収集アイテムの集め方

おそらく有志が全ての収集アイテムの位置を割り出していると思うので、最初から答えが知りたい場合は「メガトン級ムサシ (収集アイテムの名前)」で検索すればOK。

ver.1.2.0のアップデートで追加されたコレクトリストで収集アイテムの大雑把な場所と時間帯が分かるようになり、さらに収集アイテムが視認できる距離が長くなったので、アップデート前に比べるとかなり見つけやすくなった。

自力で探したい場合、MEGAメダル、異星人の痕跡、アカモンスタンプ、KJグラフィティに関しては、通路の手前側か奥側を走っていればだいたい見つかる。奥側の場合、壁に張り付いている。路上であればマンホールの上に高確率で収集アイテムがある。

見つけると操作キャラの頭上にマークが出るので、走りながらそれを合図にして見つけると良い。

記憶操作記録は、町中に稀にいる顔色の悪いNPCに話しかけると入手できる。見た目あきらかに顔色が悪いので、近づけばすぐに見つかるはず。

スポンサーリンク

あいことばで素材をゲットしよう

あいことばは、メニュー画面の「連動」⇒「あいことば入力」と進むと入力することが出来、回路開発用の素材や、リサイクル用のジャンクパーツが入手できる。

ゲームバランスが大きく変わるほどの凄いものがもらえるわけではないが、確実に攻略が楽になるので、縛りプレイ等にこだわりが無ければすぐに入力するのがおすすめ。

2022年現在は以下のあいことばがあるらしい。

  • めがとんきゅうむさし
  • ふあょいじうくし
  • しっかむあーぇら
  • のちきのいきせ
  • じゅうだいびしょうじょ
  • すがくまりめんすと
  • ろはてえほまゆやえこ
  • しもつおょむがうさし
  • らいほれうおおみほは
  • ひりとへたひえめはえ
  • りみかきいひそゆうぬ

公式Twitterや生放送等で順次追加発表されているようので、逃したくない!という人であれば継続してチェックしてみよう。

クリア出来ない時は?

ストーリーミッションをクリア出来ない状況になってしまった時は、リプレイミッションやフリーミッションをプレイしてより強いパーツや武器を入手したり、プレイヤーランクを上げると良い。

ストーリーミッションでたまにある、カスタマイズ出来ない強制出撃のローグの総合戦闘力はプレイヤーランクに依存するので、カスタマイズ出来ないローグであってもプレイヤーランクを上げておけば特に困らない。

ストーリーミッションを進めると追加されていくフリーミッションを手当たり次第に1回ずつクリアしていけば、プレイヤーランク的には問題なくなると思う。

ダークナイト戦

ゲーム中で初めて登場する人型ボスで、それまでのボスと明らかに格が違うので、ゲームに慣れていない人は面食らってしまうかもしれない。

いろいろな攻撃パターンはあるが、とりあえず以下のことを頭に入れておけば対処できるかと思う。

  • 弱点は斬撃属性なので、完全一致する斬撃武器と、5属性(炎とか)が一致する射撃武器を装備していけば良い(5属性の方はミッションによって変わる)
     
  • 急接近して斬りつけてくる剣の攻撃は、後ろ方向にブーストすれば避けられる。
     
  • 剣を飛ばしてくる遠距離攻撃は、左右方向に歩き続けていればほぼ当たらない。
     
  • 遠距離攻撃中は足を止めるので、そこで斬撃スペシャルムーブを撃てばだいたい当たる。
     
  • 近接攻撃がしたくなければ、遠くから射撃攻撃してるだけでも倒せる。

とりあえず左右方向に動きながらバズーカを撃ってるだけでも倒せるので、気負わずに挑戦してみてほしい。

ダークナイトエンペラー戦

だいたいダークナイトと似たような感じだが、急接近して斬りつけてくる剣の攻撃が無くなり、剣から斬撃を飛ばしてくる攻撃がメインになる。

斬撃を飛ばしてくる攻撃は、3対1だと誰を狙っているのか分かりづらいので避けるのが難しいという大問題があるものの、タイミング次第では歩きでもだいたい避けられる。

なので、心配することはない。

一定時間ごとに巨大ミサイルが飛んでくるステージギミックもあるが、範囲内に入らなければいいだけ。

基本的にはダークナイトと同じく、左右方向への回避を意識しながら遠くからバズーカを撃ってるだけで安全に倒せる


タイトルとURLをコピーしました