FFオリジン攻略 アストス&アルテマウェポン オリジンの倒し方 【FF仁王、ストレンジャー オブ パラダイス】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アストス&アルテマウェポン オリジンの特徴

  • 前半と後半で人型からモンスターへ変化するボス。攻撃パターンもガラッと変わる。
  • アストスは魔法による近距離、中距離への攻撃を主とするタイプ。
  • アルテマウェポン オリジンは図体がデカくなり、攻撃のほとんどがフィールド全体に届くようになる。
スポンサーリンク

アストス&アルテマウェポン オリジンとの戦い方

アストスは前座

これまでのボスと違い、アストスは明確に前座。一つ一つの動きは素早いが、怖い攻撃はそんなにない。

遠距離に届く攻撃はほとんど使ってこない(ブリザガくらい)ので、こちらも魔法を使ってやればほとんど一方的に攻撃できる。

難易度CHAOSともなると一つ一つの攻撃が致命傷レベルに痛いので、やはりアストスに近づかないように戦うのが安全。

MPが切れた時は、黒の突槍(槍を2本×3回飛ばしてくる攻撃)ダークフレアをソウルシールドで弾くと良い。距離を離しすぎるとジャックに当たる攻撃がほとんど無いので、ソウルシールド狙いの時は近づいていくこと。

一定ダメージを与えると、まとっている闇が消えて弱体化し攻撃で怯みやすくなるので、そこで一気にソウルバーストまで持っていきたい。

各攻撃の対処法(HP50%以上)

攻撃対処法
黒の戦鎚
黒の波動
アストス前方への攻撃。
近づかなければ無害。
黒の旋刃
クリメイション
アストスの周囲への攻撃。
近づかなければ無害。
黒の斬撃一気に距離を詰めてきての斬撃。
仲間と戦っていたのに、突然ジャック目がけてこれを使ってくる時がある。難易度CHAOSだと致命傷。食らってしまったら運が悪かったと思って諦めよう
黒の突槍2本×3回、槍を飛ばしてくる。
ソウルシールドで弾けばOK。微妙にテンポが遅いので、連打するのではなく、1発目を弾いたのを確認してから再度ソウルシールドを張ると上手く全弾弾ける。インスタントアビリティとして撃ち返してやろう。

アストスの周囲に槍を落とすパターンは、近づかなければ無害。
原初の氷撃氷を9回飛ばしてくる。
黒の突槍と似ているが、こちらはソウルシールドを連打した方が良い。
原初の雷撃アストスの前方に雷の列を放つ。
左右方向へ避けるか、ソウルシールドでOK。
サンダガ
ブリザガ
ダークフレア
ジャック目がけて使ってくる遠距離攻撃。
攻撃範囲が見えたら、ソウルシールドを張ればOK。

アルテマウェポン オリジンは、どの距離で戦っても危険

アストスのHPが50%以下になるとアルテマウェポン オリジンに変化する。

図体がデカくなり、攻撃のほとんどがフィールド全体に届くようになるので、どの距離で戦っていてもだいたい危険。

弱点は、エアロ系魔法が効いたり効かなかったり、斬属性攻撃が効いたり効かなかったりするのでよく分からない。
一つの属性で攻撃し続けると、属性やられ状態になってそれが弱点になるタイプらしい。弱点になってもそこまでダメージが増えるわけでもないので、あまり気にしなくてもOK。

ただ、弱点を作ることも出来るし、継続的にダメージを与えられるという点で、エアロ系魔法はやっぱり有利。

各攻撃の対処法(HP50%以下)

攻撃対処法
フルパワーアルテマウェポン オリジン前方への突進。
側面へダッシュすれば当たらない。
フレアスターアルテマウェポン オリジン前方へのビーム。
側面へダッシュすれば当たらない。発射中は無防備なので、側面を殴ってやろう。
黒の災厄
クロスオーバー
シャドウフレア
アルテマウェポン オリジン前方への攻撃。
近づかなければ無害。
アンチマター闇のホーミング弾を撃ってくる。
ソウルシールド連打してればOK。インスタントアビリティとして撃ち返してやろう。
リヒト・レーゲンアルテマウェポン オリジンの周囲広範囲に沼を作る。
沼に入り続けると状態異常になるので、近づかないのが良い。
終焉の氷撃アルテマウェポン オリジンの前方に氷を落とす。
近づかないか、側面にいれば安全。
終焉の雷撃アルテマウェポン オリジンの左右に雷の列を放つ。
ソウルシールドでOK。


タイトルとURLをコピーしました