烈車戦隊トッキュウジャー 第27駅

第27駅「新たな力を」
今回はパワーアップ回ですよ。
vlcsnap-2014-09-07-13h33m27s218
アバンで早々にもたらされるハイパーレッシャー。
vlcsnap-2014-09-07-13h40m57s136
「だけどぉ、ハイパーって言うくらいだからぁ、ビュー!ビュー!チュチュチュチュチュチュー!」
ライトがおかしいって物語の導入部なんだけど、ライトよりも車掌が狂ってるんですけどwww
vlcsnap-2014-09-07-13h43m00s73
ちょw 雷牙www
黄金騎士の名を冠した靴って凄いね←
vlcsnap-2014-09-07-13h44m22s139
新幹部、モルク侯爵が登場。声は鈴木れい子さん。
特撮ファンには、デカレンジャーのハクタクさんの声でお馴染みですね。
…って、この話はシャドーラインのアナウンスの声で鈴木さんが出演した回でもしましたね(苦笑)
vlcsnap-2014-09-07-13h47m30s1
朝っぱらから、オバサンに若い男が押し倒されるシーンとかヤバいね←
ゼットを育て上げたらしいモルク侯爵。これからどういう活躍をしてくれるのか期待ですね。


シャドータウンに乗り込み、管理人のビショップと戦うことになるトッキュウジャー。
vlcsnap-2014-09-13-04h18m31s71
ライトが高熱を出してることが分かった時の、ミオの表情が母性あふれる感じでいいですね。
vlcsnap-2014-09-13-04h23m45s152
方向感覚が狂い、どこにも辿り着けない街で、全員が集まる道しるべとするべくハーモニカを吹く明。
いやいや、ハーモニカの音デカすぎだろw ギルの笛じゃないんだからww
vlcsnap-2014-09-13-04h27m46s165
6号への変身は保たないため、ザラムとしての姿に変身する明。
こういう展開は、もっと危機迫った状況だと燃えるんですけどねぇ。今回そこまでピンチじゃないし…(苦笑)
仲睦まじい兄弟から天啓を得たライトは、ついにハイパーレッシャーでのパワーアップを果たす!
vlcsnap-2014-09-13-17h31m55s205
vlcsnap-2014-09-13-17h32m21s208
vlcsnap-2014-09-13-17h32m43s178
vlcsnap-2014-09-13-17h32m54s40
vlcsnap-2014-09-13-17h33m09s182
vlcsnap-2014-09-13-17h33m16s251
「どうだ! 俺が烈車になって、どんなピンチもブチ破って進む! …って感じ!」
胴体を電車が貫くって、ガオガイガーよね(笑)
うーん、デザインのことを言うと、胸部以外にも四肢とかにアーマーが欲しかったかな。
vlcsnap-2014-09-13-17h55m37s32
1号とゼットの高速の殴り合いかっこよかったですね。
こういうシーンはよくあるけど、いつも、スーツでこれやるって凄いなって思う。
vlcsnap-2014-09-13-17h57m33s207
ハイパートッキュウ1号の必殺武器「ダイカイテンキャノン」!
…どう見ても、タイムレンジャーのプロバイダーベース(笑)
vlcsnap-2014-09-13-17h59m09s148
そして必殺技「ハイパー終電クラッシュ」!
“終電”って単語が入った必殺技ってどうなのwww
今回の巨大戦は特に言うことなし。
まだハイパートッキュウ1号は巨大戦には用がありませんが、そのうち巨大なハイパーレッシャーが出てくるのでしょう。
vlcsnap-2014-09-13-18h10m29s62
チケットくん、それは何? 気温測ってんの?(笑)
vlcsnap-2014-09-13-18h13m04s45
ハイパーレッシャー、玩具は金色部分の塗装ないのwww
vlcsnap-2014-09-13-18h14m03s135
次回、いじめカッコ悪い←

コメント

  1. シュン より:

    新キャラクター・モルク侯爵が登場しましたね。皇帝ゼットに堂々と意見を言えるところを見ると、他の幹部達とは格が違うようですが、グリッタが消滅し、シュバルツ将軍も退けられたところにモルク侯爵が表舞台に登場した事で、シャドーライン側がどんな変化を起こしていくのか、要注目ですね!
    今回はライトのパワーアップ回でもありましたが、前作のように、このパワーアップはライト個人のものなのか、それとも他のメンバーも共通なのか…その辺も実に気になるところです(まあ…このコメントを書いてる時点でもう先を見てるんですけどね…)。
    最後に、ひとりが熱を出したら、他のメンバーが心配してくれて、やっと治ったと思ったら他のメンバーが熱を出して…なんか本当に家族のようでしたね。

タイトルとURLをコピーしました