仮面ライダー鎧武 第38話

第38話「プロフェッサーの帰還」
サッカー回を挟みまして、今回はクズミッチ回。
ミッチが覚悟を決めて、クズに成り下がった回でございます(苦笑)
vs2014-07-26-20h05m43s203
ついに貴虎の戦極ドライバーも破壊されてしまったかぁ…
ま、今や量産型ドライバーもあるし、戦う力には不自由しないでしょうけど。
…生きてたらね。
劇場版OP。
vs2014-07-26-20h07m12s214
今度はシドが突き落とされてやんのw
vs2014-07-26-20h07m50s73
ゲネシスドライバーを持ってるお前は誰だ!
…いや、ペコですけどもね。
vs2014-07-26-20h08m23s156
初瀬ちゃん、なんでシャクレてんねん(笑)
vs2014-07-26-20h09m19s190
戒斗さん、運動出来ない人の動きですねぇw


そして本編。
vs2014-07-27-23h49m30s234
vs2014-07-27-23h49m41s202
自らが手にかけた貴虎の幻影に苦しめられる光実。
元々の性格が歪んでいたのもありますが、ついに兄を手にかけたことにより、そのバランスがより崩れてしまったのでしょう。
vs2014-07-27-23h54m43s162
「貴虎のことは、実に残念だ… 私も悲しみで胸が張り裂けそうだよっっ!!」
ついに帰ってきた戦極凌馬。
…笑いながら言うんじゃねぇわw
vs2014-07-27-23h56m19s61
さんざんネタにされた、凌馬の変なステップ(笑)
vs2014-07-27-23h57m00s0
ヘルヘイム側からの視点で変身シーンが見られるのは、斬新だ。
vs2014-07-27-23h59m07s154
戒斗さん、弓として使う時まで逆手持ちにせんでも…
撃ちづらいでしょうそれ…(笑)
vs2014-07-27-23h59m44s89
ジンバーレモン、デューク、バロンレモンと、レモンライダー大集結(笑)
vs2014-07-28-00h01m29s74
顔芸プロフェッサー。
凌馬の提案に乗り、ユグドラシルタワーに潜入するか否か…
意見の纏まらないライダーたち。
vs2014-07-28-00h05m46s8
2人揃って語らいに出る紘汰と戒斗、なんだかんだで、お互いに信頼し合ってるんだなという感じ。
vs2014-07-28-00h08m12s52
舞が「平和になったら…」という話をしていて、岬ユリ子のセリフを思い出したのは、私だけではないはず。
ユリ子のあれは、死を悟ったゆえのセリフでしたけどね…
vs2014-07-28-00h10m41s19
「ねぇ、約束して。戦いが終わったら、紘汰が望む未来を教えて。紘汰の夢を」
ちょっと、死亡フラグ的なの立てないで下さいよ~(苦笑)
vs2014-07-28-00h28m15s12
vs2014-07-28-00h28m59s219
今回屈指の迷シーン。「舞さん、一緒に来て下さい」
ペコをボッコボコにしておきながら、「よかった。分かってもらえたんですね」とか、クズにもほどがあるw
貴虎を手にかけたことで、もはや舞の前でも外道行為を躊躇わなくなった。
vs2014-07-28-00h32m06s214
ペコのピンチに駆けつける2人のライダー。
静かに靴音だけが響くのがかっこいい。
舞を救い、ミッチを止めるため、戦いを挑む紘汰だが…
vs2014-07-28-00h37m09s249
「いつかは… あの女のことも、邪魔になるに違いない」
貴虎の幻影の言葉ではあるけど、これは別に貴虎が言っているわけではなく、ミッチの心理状態が生み出した幻。
つまり、ミッチが心の奥底で思っていることが貴虎の姿を借りて出て来ている。
自分自身でも薄々、“舞すらも自分には必要なくなるかもしれない”と思っているんだな…
vs2014-07-28-00h40m43s61
パインアイアン、プロップ持ってこずに合成だけで処理(笑)
vs2014-07-28-00h42m06s132
マンゴーパニッシャーを素手で受け止め、ソニックアローの一矢を弾いたミッチの斬月・真。
覚悟を決めた男ってのはこれほど強いのか…
vs2014-07-28-00h45m19s43
「いいよぉ。見逃してあげる。さっさと尻尾を巻いて逃げろよ」
クズミッチwww
「戦ってみて分からなかったのか!
 あれは、迷いを捨てて覚悟を決めた奴の強さだ…
 あいつはもう何も恐れてはいない。決定的な壁を乗り越えたんだ
 もう… 後戻りが出来なくなる一線をな」

覚悟を決め、自らの望む未来を創ろうとする光実。
はたして紘汰は、光実を救うことが出来るのであろうか!
vs2014-07-28-00h49m39s75
次回! 舞と人々を救うため、ライダーたちが決死の突入作戦に挑む!

コメント

  1. シュン より:

    光実は本当にクズに成り下がりましたね…。不気味な笑い声とともに攻撃を仕掛けてくる光実はもはや「狂気」…「狂人」の域ですよ…。しかも何か覚悟決めただけで極アームズすら退けるほどに強くなってるし…。
    凌馬のあの妙なテンションは相変わらずですね。飄々と戻ってきて一人だけ楽しんでるし。でもいないならいないでその間が少し寂しい気もしたので、これからの活躍に大いに期待したいですね!
    紘汰も含め、舞以外の連中はみなクズ呼ばわりし、舞の前で痛めつけて、舞を強引に連れ去った光実…。久々に胸クソ悪いシーンを見ましたね…。あれはもう本当に死ぬしかないですな。今までは何とか救う方法をとどこかで期待してた部分がありましたが、もうダメですね。紘汰でも戒斗でも誰でもいいから、早く決着をつけてほしいです。

タイトルとURLをコピーしました