ウルトラマン列伝 第19話

第19話「受け継がれる魂の絆!ウルトラマンネクサス!!」

vs2011-11-10-01h05m35s245
待ちに待った待望の! そして最初で最後の(泣)ネクサス編ですよ。

全37話を一つにまとめたおかげか、豪快に省かれていましたね。

特に溝呂木とメフィストなんか、出演シーン全カット(笑)

最後の最後で出てきたザギよりは、中盤大活躍してたんですけどねぇ。

今の子供にとっては、溝呂木よりもクマさんなので、混乱させないためにはいいのかもしれませんが。

のっけから憐の紹介で始まるから、まさかの姫矢さん涙目かと思いましたが、ちゃんと紹介されて何より。

ナレーションは、孤門役の川久保拓司さんが新録しています。いつまでも役を大切に思ってくれてるってのは嬉しいですね。

vs2011-11-10-01h12m06s97
ナイトレイダーの主力戦闘機、クロムチェスター。

他シリーズの合体・分離できる戦闘機と違い、分離状態がデフォなのが斬新でしたね。

有事の際に合体するその姿は、スーパーロボットを彷彿とさせました。

途中で新型が登場し、さらに合体してパワーアップするというのもまさにスーパー系。

このあたりの遺伝子は、ガンフェニックスに受け継がれてるかな?

「孤門撃て! お前の信じるウルトラマンを援護してみせろ!」
これだけ見ると、華麗にビーストと闇の巨人を撃退したように見えますが、闇の巨人に変身しているのは孤門の恋人の死体(苦笑)

総集編なので、そういう欝なシーンはカットです(笑)

番組後半からは、ほぼ最終回の映像でしたね。

最終回はそれまでの積み重ねがあるから感動するのであって、そこだけ見せられても…という感じはします。

vs2011-11-10-01h56m37s201
「あきらめるな!」も「大丈夫。ウルトラマンは負けません」も、それまでの孤門と副隊長の対立があってこそ、生きてくるセリフですしねぇ。

孤門がネクサスになるのはなんとなくは予想してましたが、やはり最終回で見事変身した時は感動したものです。

そして予想通り、ノアになったことも。

それまでの重くて辛い展開を吹き飛ばす、ノアの圧倒的強さが爽快でしたね。

ラスト、「僕たちは生きている…」から始まる当時のナレーションと、新録のナレーションで孤門の声が違いすぎるw

今の声は、なんか小野坂昌也さんに似てますね(笑)

今回でネクサスが気になった方は、ぜひネクサスを見てみてください。

きっと最初であきらめかけるでしょうが、あきらめずに見続ければ最高の感動が待っています。

今回見たってことは、その感動の理由はもう分かっちゃってるとは思うのですが、それまでの積み重ねがあるのとないのとでは段違いです。

ぜひとも、あの感動を味わってみてください。

次回はギャグ回です。

予告の時点で、ゼロのテンションがおかしい(笑)

vs2011-11-10-02h02m05s154

タイトルとURLをコピーしました