サクラ大戦3 第9話「柵に囲まれし島」

遂に決戦のときがやってきました…
なんだか怪しげな会議をしてる人々。どうもゼーレとか、そういう組織に見えてしまいます(笑)
決戦に備え、巴里の人々の避難を確認しに見回りに向かう花組。
見回りで出会ったコクリコ。拾った猫に自分の一番好きな人の名前をつけると言って、「イチロー」と名づけていました。
おい…(照笑)
グリシーヌに出会うと、お前にとって巴里は何だと聞かれ「俺の第二の故郷だ!」と答えました。
第二の故郷。まるでセブンやレオにとっての地球みたいですね。いやレオは地球が本当の故郷か。
とまぁ特オタにしか分からない例えを出してみました(笑)
一通りサブキャラにも会って回り、そろそろシャノワールに戻ろうとした矢先、巴里の上空に異変が。
珍妙な物体が現れたかと思うと、いきなり巴里の町を焼き払いました。
あれが敵の兵器なのぉ… ダサいなぁ(笑)
改めて敵の恐ろしさを実感する巴里華撃団の面々。しかし大神は諦めず、まずは情報が必要だと前向きな発言。
その時どこからか聞き覚えのある声が…
織姫、レニキタ━(゜∀゜)━!
二人の登場シーンで泣きかけました。なんだか感動的なこと言うんだもん(泣)
いきなり険悪ムードのグリシーヌを織姫。なんでこうグリシーヌは毎回…(笑)
怪人たちの情報を、怪人の会話を読唇術で読んで手に入れたというレニ。レニもすごいが、情報漏洩速すぎなカルマール公爵も凄いな(笑)
さらなる情報を得るために寺院に潜入すると言う織姫とレニ。そんな行動派なイメージはなかったけど。
元星組だからって、やることが凄すぎ。傭兵じゃないんだから(笑)
潜入前に準備をすると言う二人。織姫の方を見に行くと、グリシーヌと花火に「てんてこ舞い」なる踊りを教えていました。
「てんてこ舞いは踊りじゃないぞ」と教えてやると、どうやら織姫は知ってて教えていたらしい。てっきり天然でやってると思ってました。
なんでコタツは知らなくててんてこ舞い知ってんだ(笑)
レニの方を見に行くと、潜入の準備をしていました。笑顔を誉められて戸惑うレニ。レニも変わりましたね。なんだか感慨深い(泣)
仮眠をとり、いつものごとくピエロの悪夢にうなされながら大神が目覚めると、グラン・マに呼ばれ副隊長を選ぶことに。
さらに、いずれは帝都に帰らなければならないことを告げられます。やっぱり帰るんだよな…
遂に来たヒロイン選択! もちろん選んだのはエリカ。一周目はメインヒロインでと決めてましたから。
副隊長になったことをエリカに伝えると、エリカに告白されました。まぁそうなるか、ヒロインだし。
いずれ帝都に帰るというのに、いつまでも一緒にいると約束する大神。なんて悪い男…
まぁ僕が選択肢選んだですけどね(笑)
そして巴里華撃団、出撃。
戦闘では、いきなり回りがバリアに囲まれ絶体絶命。バリアを解くためには支柱に光が通過するときに支柱を攻撃することが必要をレニが教えてくれました。
でもそのレニも織姫も敵に捕まっております。だから言わんこっちゃない…
これぞまさしく絶体絶命というんじゃないでしょうか。おまけに出てくる敵は軒並み固いやつばっかりだし。ホント大変でした。
なんとかバリアを破壊したと思うと、今度は織姫とレニが殺されかけています。二人を助けるために大神が投降しようとしたその時、現れたのは加山!
遥か上空にある十字架を一刀両断。いくら月組隊長とは言え、そこまでどうやって行ったの?(笑)
でもまぁかっこいい! さすが月組隊長だね。
形勢は逆転し、大神はすぐさまエリカの投げた刀をキャッチしてマルシュを斬りつけます。このシーンはマジでかっこいい!
そしてレオンを倒した花組は、カルマール公爵の待つ寺院最深部へ。そこでは今まさにオプスキュールが目覚める寸前。果たしてどうなる?
一瞬にしてオプスキュールごと上空に転移した後、オプスキュール上にてサンフォニーとの戦闘です。
ザコはいないんですが、地下を這いずり回るサンフォニーの触手が厄介でした。
エリカとの合体技を初体験。3ってヒロイン合体攻撃あるんですっけ?
あるとしたら今回のはどっち?
五回鐘がなったら負けだというのに、なんだかよく分からないタイミングで鳴るもんだから、ずっとビビりながら戦闘してました(笑)
戦闘後、オプスキュールごと自爆しようとするカルマール公爵を倒すべく斬りかかる大神。
バリアに防がれるが、そこに花組の力が…
なんだか帝都でも見覚えのあるシーンでしたが、ここは大神の光武F2が最高にかっこいいです。
勝利のポーズでは、なぜかコクリコがセンター。あとジャン班長の目がイッちゃってるんですが(笑)
勝利の記念にシャノワールで踊る織姫とレニ。
そんなことには構わず、大神とエリカは二人ひそかにイチャついております(笑)
なんか次回こそ辛そうな…
いよいよ最終回が近づいてきた。

タイトルとURLをコピーしました