【人の命は地球の未来】仮面ライダーゼロワン EPISODE #26

第26話「ワレら炎の消防隊」

スポンサーリンク

感想

2020年のスーパーヒーロータイムがついにスタート!

同日に「魔進戦隊キラメイジャー」がスタートしたことで、ついに2020年のスーパーヒーロータイムがスタート。

お馴染みのスーパーヒーロータイムOP映像は、新型コロナウイルス流行の影響を受けて、子供たちに手洗い・うがいを推進する映像となっていました。

この映像を撮り直す頃には、ウイルス問題も終息していることを願いたいものです。

燃える救急魂

今回のお仕事勝負は消防士対決。

人間の消防士から、ヒューマギアが人命の大切さを教えられるという展開に。

ヒューマギアって、雷電やワズみたいに、人間とほとんど変わらない感情表現が出来る個体もいるのに、今回の119之助に限って、なんであんなに感情表現のない個体だったのか(苦笑)

まぁ次回AIが成長するために、あえて今時点ではダメダメな奴に設定したんでしょうけども。

「案外近くにいる」は、不破=フードの人物ということなのか

前話の感想で、「滅に囚われているのが本物の不破さん説」について書きました。

そうしたところ、今回は迅の「(フードの人物は不破の)案外近くにいるかもね」というセリフが登場。

このセリフを素直に受け取るなら、案外近く=不破さん自身がフードの人物ということになるでしょう。

不破さんの身近にいるレギュラーキャラクターって、ほとんどいないわけですし。

その中でも、敵であってもおかしくない人物って刃さんくらいなわけですが、刃さんが敵でも、正直インパクトないと思うんですよね。

そうなると、やはり不破さん=フードの人物であって、且つ偽物の不破さんである…ということになる気がしています。

タイトルとURLをコピーしました