【ゴーバスターズ小宮有紗!キュウレンジャー南圭介! 刮目せよ、こいつは伝説になるぜ】仮面ライダーゼロワン EPISODE #21

第21話「異議あり!ソノ裁判」

スポンサーリンク

感想

逆転裁判かな?(違います)

今回のお仕事勝負は裁判対決

これまでの対決は同じ内容で競ってたので、ヒューマギアとZAIAスペックの性能差の比較になったと思いますけど、裁判は非対称性の戦いなので、もはやヒューマギアとZAIAスペックどっちが優秀かとか関係なくなってきますよね(苦笑)

「ZAIAスペックなら白でも黒に出来る」とかそういう自信なんでしょうか、社長。

イエローバスター小宮有紗さん、ホウオウソルジャー南圭介さんが登場!

弁護士ビンゴ役でホウオウソルジャー=鳳ツルギこと南圭介さんと、結婚詐欺で騙されたOL役でイエローバスター=宇佐見ヨーコこと小宮有紗さんが出演!

戦隊から一気に二人もヒーローが出演するとは、とても豪華な回になりましたね。

小宮さんは、Aqoursとして忙しいながらもちょくちょく特撮の方に帰ってきてくれて、ファンとしては嬉しい限りです。

まぁ、弁護士と検事の対決ということで、南さんの出番は多かったですが、ぶっちゃけ小宮さんの出番はそんなに無かったですね(苦笑)
レギュラーキャストと同じシーンに写ってる箇所も少なかった気がしますし。

可愛かったので、いいんですけど。

南さんは、上半身裸にならなかったので伝説感が足りなかったですね(?)

犯人は誰なのか

今回の事件の犯人は誰なのか。

検事は怪しそうに描写されてるだけで、やっていることは至極真っ当なのでミスリードでしょう。

ビンゴも検事は嘘を言っていないと見抜いていますし。

ありしゃを騙した被告も、ビンゴが嘘を言ってないと見抜いているので白。

なので怪しいのは、不破が調査を頼んだ人間とは別の人間として急に現れて、証拠品のZAIAスペックが検事の物だと口だけで説明していた鳴沢刑事ですよね。

鳴沢刑事が罪を犯す理由(被告を陥れる理由)が前編の中では特に描かれていないので、今の段階では何とも言いづらいですけど。

タイトルとURLをコピーしました