【光の星の戦士たち! 帰ってきたウルトラマントリガー!!】ウルトラマンデッカー 第7話

第7話「希望の光、赤き星より」

【光の星の戦士たち! 帰ってきたウルトラマントリガー!!】ウルトラマンデッカー 第7話
スポンサーリンク

感想

帰ってきたウルトラマントリガー

今回は満を持して、マナカ・ケンゴ=ウルトラマントリガーが帰ってくる回!

満を持してとは言いましたが、原典の「ダイナ」でダイナとティガが共演したのは物語中盤頃の劇場版が初。ダイゴと共演したのはほぼ1年後の最終章が初だったので、それに比べればだいぶ早い(笑)

早いだけでなく、ケンゴと一緒にタツミ隊長、アキト、ユザレ(次回はユナ)も一緒に登場したので、「ダイナ」の共演事情に比べるとだいぶ恵まれていると言えるのかもしれません。

まぁ、その分「ダイナ」は1年間要所要所で登場するGUTSメンバーの活躍に心を熱くさせられたので、どっちがいいってわけでもないんですけどね。

ストーリーの方は、地球で胎動する闇の復活を察知したユザレとアキトの協力によって、火星から地球へやって来たケンゴは、新生GUTS-SELECTの面々と協力してスフィアメガロゾーアとの戦いに挑む!というもの。

あらすじ書いてみて分かりましたが、これ完全にケンゴ主役でカナタ脇役だなぁ(笑)

敵がメガロゾーアだったので仕方ないといえば仕方ないんですけど。

カルミラの顔を見てトリガーが攻撃を思いとどまるラストへとつなげるためとはいえ、スフィアメガロゾーアへのトドメの一撃を入れようとしたのもトリガーだったし。

ウルトラデュアルソード使う時に流れたのもトリガーの劇伴だったし。

その間デッカーは触手を掴んでただけだったし。

もうちょっとデッカーも活躍させてあげても…

まぁ、坂本監督お得意の変身バンク合体演出がカッコよかったので、許すんですけど(許すんかい)

デッカーは2タイプしか登場しなかったのに、トリガーだけ3タイプ登場させたのも、人によっては若干えこひいきを感じるところもあったかもしれません。

まぁ、デッカーにダイナと同じく1回の変身でストロングかミラクルのどちらかにしかタイプチェンジ出来ないという弱点があるならば、デッカーの3タイプを登場させづらいのも仕方ないので、それを踏まえて坂本監督がトリガーだけ3タイプチェンジさせたのならば、きちんと設定を考慮に入れた愛のある演出だと言えるかも。

タイプチェンジといえば、今回は2人ともパワー系のパワータイプとストロングタイプにチェンジ。

ティガとダイナが共演して両方ともタイプチェンジしたのは、TV放送から19年後の「ウルトラ10勇士」が初ってくらいに遅かったので、それを考えると、トリガーは客演でもタイプチェンジさせてもらえて羨ましいなぁ。

ユザレと旧GUTS-SELECT

前述の通り、ケンゴだけでなくユザレ、タツミ隊長、アキトも登場。

火星でスフィアと奮戦している姿には胸が熱くなりましたね。

「ダイナ」時代のGUTSのメンバーは、イルマ隊長は参謀へ昇格。他はTPCや民間に移ってそれぞれの道へ…という感じでしたが、旧GUTS-SELECTのメンバーは今のところ、スフィアと戦っている以外の情報なし。

この辺の細かい設定がどうなっているかとか、オタクは気になる。

GUTS-SELECTの武器をそのまま使っているので、生き残りの人々がゲリラ部隊を組織したとかではなく、少なくともTPUには所属しているのかな?

タツミ隊長は既に隊長では無くなっているようですが、参謀っていう雰囲気でもないし、参謀って呼ばれてもないので10年でイルマ隊長みたいな昇進は出来なかったらしい(笑)

まぁ、タツミ隊長は後ろでドッシリ構えているよりは、前線で戦ってる方が似合う隊長なのでこれはこれでいいんですけど。

アキトは相変わらず、謎のカードをチョチョッといじっただけでウルトラマンにスフィアのバリアを突破できる能力を与えるという天才っぷり。

ウルトラマンに変身する以外は何でも出来る男、それがヒジリ・アキト。
 

火星での戦いといえば、ケンゴが少女の目の前で思いっきり変身してましたが、正体バレ気にしなくなった?

最終回での戦いを経ているから、子供には正体がバレている設定?

でも子供に正体がバレているとすると、10年前は10歳に近いのはずのカナタ、イチカ、ソウマが知らないのはおかしいので、やっぱりケンゴが正体バレを気にしなくなっただけ?

ダメですね。オタクは細かいこと気にしてしまって(笑)

ウルトラデュアルソード!

だいぶ前から登場が告知されていた新武器、ウルトラデュアルソードがついに登場!

カバーが閉じている状態ではトリガーの、開いた状態ではデッカーのカラータイマーを模したデザインが、2人のウルトラマンのための武器って感じがしていいですよね。

しかし、ディメンションカードをユザレ(らしき女性)が用意できたということは、デッカーもまた超古代に由来する存在なのか?

もしくは、あのユザレらしき女性が実はユザレではなく、グランスフィアの化身みたいなものという可能性もあるか?

デッカー=スフィアウルトラマン説を唱えている人にとっては、また新しい考察の材料が出来たのかもしれませんなぁ。

次回、トリガー客演回後編

次回も引き続きトリガー客演回!

ミラクルタイプとスカイタイプの共闘もあるぞ!

大人っぽくなって帰ってくるユナも楽しみ!

ヒマリさんはウマ娘が忙しくて帰ってこないんだけどな!(笑)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました