【仮面ライダーファルシオンが映画の宣伝にやってきた!】仮面ライダーセイバー 第34章

スポンサーリンク

第34章「目を覚ます、不死の剣士。」

スポンサーリンク

感想

ゴーブルーとシンケンゴールド、そろってしまう

「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」に登場した、バハト=仮面ライダーファルシオンがついにテレビ本編に登場!

前々から、無銘剣虚無も11本の聖剣の一つとしてテレビ本編でその存在が示唆されてきましたから、聖剣が10本まで登場した段階で満を持しての登場となりました。

ちょうど映画のBlu-rayなども先日発売になったということで、その宣伝も兼ねてこのタイミングでの登場になったんでしょうね。


そんなわけで、冒頭から早速復活したバハト。

奇しくも、マスターロゴス役の相馬さんは元シンケンゴールド。バハト役の谷口賢志さん元ゴーブルーということで、仮面ライダーという番組の中で戦隊ヒーローが2人そろってしまうという事態に。

先代の仮面ライダーブレイズも元ボウケンブルーだし、この番組戦隊ヒーローばっかり出てるな(笑)

バハトの過去

バハトとユーリは、昔は同じ騎士団の仲間同士。しかし、仲間の裏切りにあったバハトは暴走して世界を破滅させようとし、ユーリによって封印された…というのが1000年前の出来事。

初登場した映画が短編だったが故に、ただの危険人物ぐらいにしか人となりが分からなかったバハトの過去が、こうしてテレビ本編で補足されるってのはいいですね。

劇場版に登場した敵ライダーがテレビ本編に登場するってこと自体がそもそも珍しいですから、こういう試みは今後もやってほしいところ。

流水対決

セイバーと最光に、デュランダルに、ブレイズにと、復活した途端に手当たり次第剣士を襲いに来る超危険人物の仮面ライダーファルシオン。

先日登場したばかりで、まだ絶賛販促期間中のタテガミ氷獣戦記すら一蹴するとは…

ところでこの対決、何かお気づきになることはありませんか?

そう。水勢剣流水(ながれ)VS 巽ナガレによる、流水(ながれ)同士の戦いだったんですねー!

…いや、たまたまなんでしょうけど(苦笑)

というか、ユーリが消滅したこととかを差し置いて言うことじゃないですね(笑)

次回、マスターロゴス神!

今回のラストで復活したルナは、次回どうなってしまうのか!

飛羽真が「選ばれし者」とはどういう意味なのか?

ファルシオンに対抗するように、劇場版限定フォームだったエモーショナルドラゴンも登場! 冬映画の要素をガンガン拾っていってるのいいですねー

そして、マスターロゴスはマスターロゴス神(しん)になるのか!?

…どうも、ライダーで神って聞くと檀黎斗神の姿がチラついてしまってダメですね(苦笑)

スポンサーリンク

画像

タイトルとURLをコピーしました