【マーヤのマゼラン星人要素がいい味出してきた】ULTRAMAN シーズン2 第4話

第4話「科特隊急襲」

スポンサーリンク

感想

前半終了

サブタイトルは「科特隊急襲」ですが、お話的にはマーヤの身の上話の方がメインになっている気がする回。

「他の星の生き物から生命カメラで命をもらわないと生きていけない種族」というワドラン星人の設定は、ウルトラファンならばワイルド星人が元ネタという時点で既に分かり切っていた設定ではありますが、劇中でちゃんと説明されたのは、そういえば今回が初めてかも。

特撮の方を知らずにアニメから「ULTRAMAN」に入った人にとっては、今回で初めてワドラン星人がただの侵略者じゃないかもってのが伝わるわけですな。

自分たちはウルトラマンには守ってもらえなかったと嘆くマーヤですが、生命カメラの件はひとまず置いておいても、種族としての老衰はウルトラマンではどうにもならないと思いますが(笑)

ワドラン星人がワイルド星人そのまんまな存在だったらただの侵略者だったんですが、そこにマゼラン星人マヤの「上司に裏切られた」要素を組み合わせることで、なんとなく視聴者側にも「こいつそんなに悪い奴じゃないんだな」と思わせるのは見事。

ただまぁ、元ネタがマゼラン星人マヤであるが故に、幸せな結末は待ってないんだろうなとは思ってしまうわけですが…

ペダント星人何人いるの?

科特隊基地を急襲し、ハヤタを拉致していくペダント星人。

と同時に、モニター越しにマーヤをいびりつつ、さらに同時にマーヤの背後にも現れるという、明らかに同じ時間に別々の場所に同時に存在するペダント星人

そういう能力を持った強敵だというのは伝わるんですが、ペダント星人にはご存知の通り部下に四天王的な異星人が3人(原作だと4人)いるので、なんで部下にやらせずに全部自分がやってるのかは疑問(笑)

1人で何役も出来るのがモーションアクター+CGキャラクターの強みなので、別にマーヤのいびりとか科特隊急襲は部下の異星人がやってもよかったと思うんですけどね。

進次郎強すぎ

ラスト、遥か上空の円盤から生身で地上へ向かう進次郎。

ウルトラマン因子を受け継いでいる進次郎は普通の人間よりも身体能力が高いってのは原作でもアニメでも変わらなくて、短時間だけ空飛んだり、生身でスペシウム光線撃ったり出来るんですが、さすがに大気圏突入による高熱?で体が燃え上がってても平気っぽいのは、さすがに進次郎強すぎるんでないかと(笑)

途中でウルトラマンスーツを装着して、その状態で熱に耐えてたのなら別に普通のシーンなんですけど、進次郎が生身で燃え上がってるのに平気な顔をしているので、ちょっと笑ってしまいました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました