【西暦元年から、忍びなれども忍ばない!】仮面ライダーギーツ 7話

7話 邂逅Ⅵ:ラスボスと缶けり

スポンサーリンク

感想

英寿2000歳説

今回からデザイアグランプリはついにラスボスとの戦いに突入。さらに、ラスボスに特効であるニンジャレイズバックルが登場。

ってことは来週ラスボス倒されるでしょうから、また再来週から新ライダーがゴソッと登場する感じでしょうかね。

ラスボスとの戦いが純粋な戦闘ではなく、缶けりというのがちょっと変わり種。

まぁ、鬼が殺す気マンマンで来る缶けりって絶対嫌ですけど(笑)

英寿はどうやら母親を探しているらしいことが分かり、謎だらけの英寿の人望がちょっとずつ見えてきました。

と思いきや、西暦元年(2022年前)からデザイアグランプリに参加している旨の発言も出てきて、新たな謎がまた増えることに。

いったい英寿とは何者なのか…

景和を化かしてニンジャバックルを手に入れた風を装ってましたが、前の晩に景和姉弟に会って「お前が世界平和を望む理由、分かった気がするよ」って話していたのは本心だと思うんですよね。

家族愛に恵まれたが故に世界平和を望んでいる景和に、母親という家族を探している身としてシンパシーを感じたんでしょうし。

でも、そこでいきなり景和と仲良くなるわけではなく、あえて偽悪的にふるまうところに英寿の過去を探るヒントがあるんでしょうねぇ。

劇中の他のキャラクターは英寿の母親の存在を知らないのでただ単に景和を化かしたようにしか見えないが、視聴者には母親の存在を明示してあるので英寿へ感情移入してしまうという巧みすぎる演出。やっぱ伊達に50年以上もシリーズ続いてないよなぁ。ドラマ作りが上手すぎる。

次回以降も、目が離せませんなー。

ちなみに、英寿の母親の声を演じたのは声優の寺崎裕香さん。主役ライダーの母親の声を声優さんが演じるのって、「仮面ライダーゴースト」を思い出しますよね~。

リボルブオン!

今回と次回はタイクーン回ということで、タイクーンのブーストフォームの上下と、新フォームのギーツ ニンジャフォームの上下が初登場。

メイン回のライダーがブーストを使うノルマは無事達成。タイクーンのブーストは赤と緑という補色のカラーリングだけあってメチャメチャ目を引きますが、やっぱり似合わん(笑)

タイクーンと相性抜群であろうニンジャは、初登場ではギーツが使用。専用武器のニンジャデュアラー、デザインカッコいいですよね! 近年の忍者ライダーの武器の中では久々に当たりって感じのデザイン。



ギーツのスーアクである中田さんと忍者の組み合わせといえば、やはりアオニンジャー

なので、タイクーンにバックル渡す前に1回くらいは魔法とか使ってほしいもんですが… 無いかな(苦笑)

次回、タイクーンニンジャ!

次回はいよいよタイクーンがニンジャフォームに!

タイクーンがニンジャでラスボスを倒してデザグラの勝者となるのか、はたまた美味しいところだけギーツが持ってってしまうのか…

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました