牙狼シリーズ15周年記念作品「GARO-VERSUS ROAD-」が唐突に発表!

スポンサーリンク

シリーズ15周年の新作!

2018年の「神ノ牙 -JINGA-」以来TVシリーズの新作が作られてこなかった牙狼シリーズ

本日なんと、唐突にその新TVシリーズの放送が、発表されました!

『15周年記念作品「GARO -VERSUS ROAD-」2020年4月放送決定!キャスト解禁!』
2005年よりテレビ放送をスタートし、2020年に15周年を迎える牙狼〈GARO〉シリーズ。15周年記念作品として完全新作のテレビシリーズ「GARO -VER…

新しい作品のタイトルは「GARO -VERSUS ROAD-」

過去作品でも、絶狼シリーズや、アニメの「VANISHING LINE」など英語表記の副題がつけられた作品はありましたが、今回もまた英語表記のオシャレなタイトルとなっていますね。

2019年には神牙の舞台があったり、名作映画「月虹ノ旅人」が公開されたりしましたが、TVシリーズに関しては1本も放送されませんでしたので、TVで牙狼の新作が見られるのは結構先になるのかな…なんて思ってたところにまさかの新作の発表!

これには驚いた牙狼ファンも多いのではないでしょうか。

これまでとは異なる世界観?

実写の牙狼シリーズには、大別すると冴島鋼牙シリーズ道外流牙シリーズという2本の大きなシリーズがあります。

今回のVERSUS ROADは、どうやらその2本のシリーズとは世界観を一新した作品になるとのこと。

どんな作品になるのか全く想像できないだけに、期待半分、不安半分という感じです。

これまでの作品では、デザインの多少の変更はあれど、主役ヒーローは基本的にガロで固定されてきましたが、もしかするとそこを変えてきたり…なんてこともあるかもしれませんね。

ガロの世界観で、VR?

作品タイトルを略すと牙狼VRとなることからも分かるように、今作はVR(バーチャルリアリティ)がストーリーの肝になっているようです。

これまでの牙狼シリーズでは、馬に乗って戦ったり、魔戒法師が筆やお札で戦ったり、現代的な科学技術とは距離を置いた作風が特徴だったので、今作はガラッと変わった作風になるのでしょうか?

と言っても、これまでの作品でも、スナイパーライフルガトリング砲で戦う魔戒法師もいましたし、今作でVRという今ホットなガジェットが取り上げられるのも、そんなにおかしなことではないのかもしれません。

テレビ東京系列の放送なし

これまでのシリーズは、テレビ東京系列での放送があるのが定番でしたが、今作はTOKYO MX、BS日テレ、CSファミリー劇場での放送とのこと。

テレビ東京系列ですら、地方では視聴するのが結構困難なのですが、TOKYO MXはそれ以上に視聴困難な局…

まぁBS日テレは全国で見られますから特に問題はないと思うのですが、これも時代の流れなのかもしれませんね。

配信がバンダイチャンネルほかとなっていますから、願わくばYouTubeでの1週間見逃し配信などもあることを願いたいですね。

何はともあれ、4月からの放送開始が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました