新ウルトラマン列伝 第128話

第128話 「ウルトラマンX 第21話 美しき終焉」

いよいよ、ウルトラマンXの最終回も間近です。

vs2015-12-20-23h18m03s81
空間エネルギー測定器を搭載したスペースマスケッティ2号機で航宙任務を行うマモルとワタル。

今までジオマスケッティは1機しかなかったですから、ようやく登場した2号機。

これがあれば、スカイマスケッティとスペースマスケッティの同時出撃なんかも出来たのに(苦笑)

vs2015-12-20-23h41m18s228
今までろくに他の隊員と絡まなかったボイジャーの2人が、バリバリ喋り出すので最終回感ありますね(笑)

vs2015-12-20-23h42m12s14
このルイルイの尋常ではない可愛さ。

マモルいわく「空間エネルギー量はレベル5以下にはならない」らしい。

「宇宙は真空と絶対零度ではなく、エーテルフィールドと黒体輻射の3度」みたいなものか(?)

vs2015-12-20-23h51m08s255
そんなマモルとワタルの前に現れた“空間エネルギー量ゼロ”のアレは一体何なのか!?

これこそがダークサンダーエナジーの発信源にして、“無”の存在なのであった…

vs2015-12-20-23h53m32s152
vs2015-12-20-23h54m19s106
vs2015-12-20-23h54m29s223
vs2015-12-20-23h54m37s33
vs2015-12-20-23h54m44s108
vs2015-12-20-23h54m53s205
来年公開の映画「劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」のCMも始まりましたね!

非常に高まる予告編の内容!

エックスのベータスパークアーマーも超かっこいい!

これは見るしかない映画ですね!!

vs2015-12-20-23h57m44s109
因縁の相手「グリーザ」復活に対し、エックスはこれを緊急事態とみなして、直接Xioメンバーに対話を試みる。

Xioとエックスが、初めて意志を通わせた上での共同戦線を張ることに!

vs2015-12-21-01h06m53s123
XioUSAの海上戦力のようだけど、どう見てもジオマスケッティを上下ひっくり返してちょっと変形させただけ(笑)

この形状だと、合体してる特装車は海中で逆さになって没してるはずだけど、パイロットは大丈夫だろうか(苦笑)

vs2015-12-21-01h13m33s17
ハヤトの父の声役で、千葉繁さんが出演。

TNGパトレイバーからの繋がりですかね?(笑)

vs2015-12-21-01h16m30s18
vs2015-12-21-01h17m23s28
「アスナ、今まで黙っててごめん」
「だから何を!」
「俺とエックスで、あいつを止めてみせる…!」
アスナにやんわりと秘密を明かし、グリーザとの決戦に挑む大地!

正体バレは、やはりウルトラマンの醍醐味だって実感しますね。

アスナの「大地がエックスだったんです!」や「大地とエックスを援護します!」というセリフに、過去作のオマージュを感じます。

vs2015-12-21-01h54m52s232
こういう、強化形態への変身をバンクを使わずに表現すると、終盤な感じしますよね。

vs2015-12-21-01h56m05s217
vs2015-12-21-01h56m19s101
大地、エックスと共同戦線を張るサイバーゴモラ、スカイマスケッティ。

しかし、グリーザの圧倒的な“虚無”の力の前に、全ての抵抗は無意味で…

vs2015-12-21-01h58m54s119
エックスを取り込んだグリーザの巨大な爆発の後で、残されていたのはエックスのカラータイマーだけであった…

ウルトラマン絶体絶命という状況での最終回は、どうしても盛り上がります!

vs2015-12-21-02h01m06s140
というわけで、次回ウルトラマンX最終回!!

コメント

  1. シュン より:

    最後の敵・グリーザ…まさに圧倒的でしたね。その凄まじいまでの不気味さもさることながら、戦闘力も圧倒的…グネグネした酔拳のような動きに素早いテレポーテーション、空間をねじ曲げるような能力やバリヤー、全身からの様々な光線技…これらすべてが、不気味な笑い声とともに怒涛の如く襲ってくる様は本当に恐怖を感じましたね…。田口監督の「自分の中にあるゼットンのトラウマを最大限に描いた」という主旨の言葉に思わず納得しましたね。
    最終章になって主人公以外の主要キャラがウルトラマンと意志疎通をするという展開は斬新で、自分は驚きましたね。そして、より結束が堅くなったはずのXioとウルトラマンエックスを簡単に圧倒するグリーザにより恐怖を感じたんですよね…。
    大地がアスナに正体を告白する場面、状況が状況なだけに緊迫感がありましたね。その後のアスナの描写も、エックス=大地がやられる度に大地の名を叫ぶアスナの姿に、彼女がどれだけ大地を思っているかが伝わってきて、ラストの絶叫には胸がつまりました…。次回遂に最終回…どんな逆転になるか、見届けたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました