新ウルトラマン列伝 第74話

vs2014-11-28-01h55m30s126
第74話 ウルトラマンギンガS「君に会うために」

ギンガSとしては第12話ですね。

今回は、あの千草がついに再登場。

夢を叶えてアイドルとなり、しかも人気急上昇中らしい。

ご存知、ないのですか!?

彼女こそ、代役からチャンスを掴み、スターの座を駆け上がっている、超銀河シンデレラ、千草ちゃんです!

…みたいな展開が、あったとか、なかったとか(ない)

vs2014-11-28-02h28m36s28
千草の真似して、ギンガクロスシュートするゴウキ先輩の残念さ(苦笑)

ギンガへの応援歌として、「ウルトラマンギンガの歌」を歌ってアイドル活動をしている千草。

専用の曲を用意出来なかったから、こういう設定なのかなぁ。

しかし、ウルトラマンギンガの歌って元々、男性メインの歌なので、千草が歌うのは音程的にキツかったんじゃないかな…と、歌声聞きながら思いましたね(苦笑)

あと正直、千草ってアイドルって顔じゃないんですよねぇ。

大人っぽいし、“女優”って感じの顔な気がします。

まぁ、そんなとこツッコんでもしょうがないけど。

vs2014-11-28-02h31m06s240
スタッフにも一目置かれる礼儀正しいファン代表のタンバリンおじさん。

格好がもろに早川健www

vs2014-11-28-02h36m45s49
そしてその正体は、メトロン星人ジェイス。

それにしても、この画シュールだわ…(苦笑)

vs2014-11-28-02h38m32s93
アイドルブームを利用し、理性をマヒさせる「宇宙ケミカルライト」を使って、人類同士の信頼関係を崩壊させ、自滅に追いやろうとしたジェイス。

アイドルブームは、宇宙人に目をつけられるくらいにまでなってたんですかw

vs2014-11-28-02h40m53s226
しかし、アイドル千草に魅了され、侵略のことなどどうでも良くなってしまったジェイス。

これだけ可愛いもんな。あなたの気持ち分かりますよ、丹葉さん。

vs2014-11-28-02h45m52s152
(楽しい思い出を、ありがとう…)
宇宙人ということが分かり、連行される丹葉さん。

千草と丹葉さんが、共にお礼を言い合うというのが、アイドルとファンの理想的な関係って感じがして、グッと来てしまった…

自分も今ドルオタなだけに(苦笑)

vs2014-11-28-02h50m59s161
千草とステージを守るために、ボルストのライブしたゾアムルチと戦う丹葉さん。

相手がゾアムルチなのは、ウルトラマンAでメトロン星人Jr.とムルチが戦ってたからだ(笑)

vs2014-11-28-02h52m35s89
メトロン星人を守るために、2人のウルトラマンが並び立つという、他のシリーズではなかなか見られない構図。

vs2014-11-28-02h54m29s200

vs2014-11-28-02h55m16s150

vs2014-11-28-02h56m19s27
千草の歌による応援を受けて、巨大なままオタ芸を打つ丹葉さん。

ゾアムルチへのトドメはウルトラマン2人。

丹葉さんのオタ芸の意味はいったい(苦笑)

vs2014-11-28-02h58m42s184
「夢中になれることがあれば、姿も星も、関係ないんですね」
シュールなギャグのオンパレードだったけれど、愛は種族も生まれた星も越えるのだという、素晴らしいオチで締めくくってくれた。

ドルオタとしては、グッと来るところもあったし、今回は本当にいい話だったなぁ。

vs2014-11-28-03h00m52s198
次回は、グランダインがやってきます(笑)

コメント

  1. シュン より:

    夢を叶えてアイドルとして活動している千草が登場という事で、かなり期待していましたが、良かったですね!地下アイドルとはいえ、結構人気もあるようで、これからの飛躍を想像するだけでも楽しいです。雲母氏も変わらず綺麗な人なので、より好きになりましたね!ギンガ第1期の頃から、自分はどちらかといえば美鈴より千草の方が気になったりしていたので(笑)。この先劇中で「ウルトラマンギンガの歌」が流れる時は今回の千草Ver.なんですかね?
    まさかあのメトロン星人が千草LOVEの熱狂的ファンと化してしまうとは…。確かに昔から紳士的というか、穏やかそうなイメージはありましたが…。まあ侵略者なんですけどね…(苦笑)。早川健のようなルックス&演出で登場してみたり、千草を守って戦ったり、今回は本当に彼はヒーローでした!まさかメトロン星人がウルトラマンと共闘する時代が来ようとは!なんか嬉しくなりましたね。
    次回から最終局面に突入という感じですが、楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました