ウルトラマン列伝 第98話

第98話「約束の炎!バーニングブレイブ!!」
今回は、メビウス30話「約束の炎」です。
かつての自分たちの星を、地球に重ね合わせていた故に、地球を守ってきたウルトラマンたち。
「ウルトラマンたちが、かつては地球人と変わらぬ姿をしていた」というのは、ウルトラファンにはよく知られた設定ではありましたが、こうして劇中で、ウルトラマン本人の口から語られたのは、このメビウスが初めてでした。
インペライザーの出現場所を通信で知らせてくるタロウ。
ウルトラマンの状態では地球に長居できないので、おそらく人間体になって、独自に行動していたのでしょう。
光太郎と再び一体化したかもしれませんし、もしかすると地球人に擬態していたかもしれません。
こうしてメビウスでタロウが復活してからというもの、「タロウと光太郎は今でも一心同体なのか?」という疑問は、ウルトラファンならば誰しもが抱いたことがあると思います。
しかし、その疑問に明確な答えはまだ用意されていません。
DVD付属の「ザ・ウルトラマンメビウス」では、光太郎が再びバッヂを受け取って光の国に帰っていますが、かと思えば「メビウス&ウルトラ兄弟2」(幻の続編企画)では、光太郎はタロウと分離して地球人として生きていたりします。
つまり、どっちにでも転がせるように、あえて「タロウと光太郎は今でも一心同体なのか?」問題は曖昧にされているのです。
いずれ、タロウが主役の物語が製作された際に、答えが用意されるかもしれませんね。
vs2013-05-15-19h09m13s3
新兵器ではなく、「重力偏向板」や「ライトンR30マイン」といった、これまでに登場したことのあるアイテムを使ってインペライザーを倒す作戦が、実に説得力があります。
ただ、空間転移で現れるインペライザーが、その空間転移を使って逃げることを全く考慮してない作戦はどうかと思うの(笑)
vs2013-05-15-19h20m20s34
「私を見くびるな!」
ウルトラダイナマイトの使用を決断するタロウ。
あのタロウが、こうして教え子を一喝する姿には、驚きを禁じえません。
そういえば、タロウはウルトラダイナマイト封印してたんですね。
たしかに「一度使うと寿命が20年縮む」という設定があるにはありますが…
現在確認されてる最大の年齢が30万歳のウルトラマン界において、20年の寿命ってそんなに大げさですかね(笑)
vs2013-05-15-19h22m47s196
仲間たちの目の前で、メビウスに変身するミライ!
「ウルトラマンの正体バレ」は最終回近くがお約束だった当時、この展開はかなりの衝撃でした。
vs2013-05-15-19h26m52s101
「僕は… 戦います!」
「必要ない。インペライザーは、私が命に代えても!」
「死んではダメです。絶対に!
 命を懸けて戦うのは、笑顔でまた、仲間たちに逢うためです!
 教えてくれました… 大切な人が!」
「そうか… そうだな」

特に何か言うわけでもなく、静かに同意してくれるだけのタロウが、無性にかっこいい!
こういう大人になりたいなぁ。
vs2013-05-15-19h34m16s192
友情の証である炎を燃やし、今ここに誕生した、メビウスバーニングブレイブ!
平成ライダーでいえば、最強フォームに当たるのが、このバーニングブレイブです。
最強フォームになっても、ソフビ以外に大して売るものがないのが、ウルトラマンが販促的に弱いところ(苦笑)
バーニングブレイブの活躍時に流れる曲は、そのまんま「メビウスバーニングブレイブ!」という名前です。
メビウスのテーマと、GUYSのテーマが交互に流れる、まさに「メビウスとGUYSの仲間たち」を象徴するかっこいい曲です。
vs2013-05-15-19h36m48s186
バーニングブレイブの必殺技は、「メビュームバースト」です。
vs2013-05-15-19h36m34s49
発射までのスキを、タロウがアシストする展開が燃えますね。
vs2013-05-15-19h41m02s177
「インペライザーは尖兵にすぎない。この先に待つのは、途方もない脅威だ
 でも、君と、君の仲間たちなら、どんな試練もきっと乗り越えられるな」

タロウ兄さ~ん(泣)
「やったぜメビウス! 仲間たちの熱い想いを受けた友情の炎が、
 ついに、インペライザーを打ち砕いたんだ!
 しかし… いつまた強い侵略者が現れるか分からない
 だが、信じあえる仲間と、力を合わせて戦えば、
 どんな敵にも、どんな試練にも、打ち勝つことが出来る
 この戦いが、そのことを証明してくれたんだ」

ゼロのテンションも高いです(笑)
vs2013-05-15-19h44m12s9
次回はなんと、バードンの総集編だよ!(笑)
ちなみに、当時の感想はこちらです。

コメント

  1. 前回と今回のメビウスのタロウ客演編は映画ではあまり活躍出来なかったタロウに活躍の場を与えたということかな(メビウスのウルトラ兄弟客演編においてタロウだけ前後編に別れている)タロウと光太郎が今でも一心同体かについては私は今でも一心同体ではないかと思います、限り無くタロウと光太郎の意識がほぼ合致しているのではないかと思います(タロウ本編でもタロウ自体の意思が表示されたことはないですし)ウルトラダイナマイトを使うと20年寿命が縮むということですが空想科学読本によるとウルトラ族の20年は人間に換算するとだったの3日だそうです、そういえばスーパーヒーロー作戦ではウルトラダイナマイト使ってもノーリスクでしかもストリウム光線より消費TPが低いという。それとメビウスの最強フォームはバーニングブレイブではなくフェニックスブレイブですよ。

  2. マサキ より:

    イケバユウトさん>
    私は、「メビウス&ウルトラ兄弟2」の設定を尊重しているので、タロウと光太郎は分離していると考えてます。
    声も石丸さんがやってますしね。
    >それとメビウスの最強フォームはバーニングブレイブではなくフェニックスブレイブですよ。
    あくまで、平成ライダーに例えるなら、の話ですから。
    登場する話数的にも。
    最終回限定パワーアップのフェニックスブレイブは、平成ライダーにおける「最強フォーム」の定義からは外れると思います。

  3. デルピッポ より:

    ここでの正体バレは自分も驚きました
    まぁミライの場合みんな薄々気づいてるかんじでしたが
    タロウと光太郎は自分も分離してると思ってます
    いつか真相が描かれるといいですよね

  4. シュン より:

    中盤での正体バレは自分も当時驚きました。同時に、その先のストーリーに対するかなりのワクワク感と少しの不安感があったのを覚えています。
    この話で毎回見る度に感動してしまう台詞があります。タロウの「私を見くびるなッ!!」とサコミズ隊長の「……ミライーッ!!」です。
    特にサコミズ隊長は普段は穏やかで声をあげる事は少ないからこそ、あの叫びを聞いた時は涙が出ました…。
    田中実氏の熱演が素晴らしいですが、もう亡くなられてるんですよね…。

  5. 最終回限定だとアルティメットフォームも本編では1回しか出てませんけど(ライジングアルティメットと超クライマックスフォームも2回しか出てませんし)ちなみにフェニックスブレイブも最終回とOV入れて2回出てませんけど。そういえば今回のタロウ客演編もディケイドのRX&BLACK客演編も両方とも敵がロボットですね(やはり光太郎繋がり故に?)

  6. マサキ より:

    デルピッポさん>
    真相が描かれる日が… 来るかな?(笑)
    シュンさん>
    ワクワクしましたねぇ。
    サコミズ隊長は、普段飄々としているだけに、ここぞという時に叫ぶシーンが熱いですね。
    惜しい方をなくしました。
    イケバユウトさん>
    光太郎つながり… ないと思います!(笑)

タイトルとURLをコピーしました