【俺の名はハカイザー! 強烈忍者?】機界戦隊ゼンカイジャー 第30カイ

スポンサーリンク

第30カイ!「隣のキカイはカキ食うハカイ⁈

スポンサーリンク

感想

ハカイザー登場!

ゼンカイジャーもついに30話台に突入。この間始まったばかりな気もしますが、もう5か月もすると最終回ということで少し寂しくなってくる時期になりました。

そんな少し切ない秋の到来を感じる今回は、新たなる敵ハカイザーの登場回!

このハカイザー、もうメチャクチャ凄いんです! 何がどう凄いのか、ちょっとだけ解説していきましょう!

ちなみにハカイザーのインパクトで忘れそうになりますが、今回のゲスト怪人だったホシガキワルドの声は鈴木千尋さん。
戦隊ファンには、「ボウケンジャー」のクエスター・レイ役でお馴染み。

30作目のアニバーサリー戦隊で敵幹部をやっていた声優さんが、45作目のアニバーサリー戦隊でホシガキの声をやっている。うーんゼンカイ脳(?)

閑話休題。

凄いポイント1 見た目が火忍キャプター7

ハカイザーの見た目、よく見ると分かりづらいんですが、遠目に見てみるとどことなく「忍者キャプター」の主人公、火忍キャプター7の面影あり。

「忍者キャプター」は東映制作のヒーロー番組で、かの「カードキャプターさくら」よりも早く日本にキャプターという単語を浸透させた作品として有名(大嘘)

一時期はスーパー戦隊シリーズに含まれたこともあったり、アキバレンジャーでネタにされたこともあったりで、スーパー戦隊とは極めて近く限りなく遠い仲だったりします。

今のところ、公式サイトにもTwitterにも「忍者キャプター」を匂わせる文章が全く書かれていないので、我々ファンが勝手に火忍キャプター7オマージュだと思い込んでるだけの説ももちろんありますが(笑)

まぁ、ハカイザーが一番最初にゼンリョクゼンカイキャノンで召喚したのが、忍者の戦隊が多数含まれるチャンバラパワーだったあたり、制作陣も意識してるとは思いますけどね。

凄いポイント2 声が仮面ライダーカブト

ハカイザーの声を当てている役者さんは「???」とクレジットされていて伏せられていますが、誰がどう聞いても介人のお父さんである功博士役の川岡大次郎さんの声。

川岡さんといえば、ディケイドのリマジ仮面ライダーカブト役として特撮ファンにはお馴染み。川岡さんの久しぶりのヒーロー役(ヒーロー?)、燃えますなぁ。

というか、川岡さんが声をやっているってことは、ハカイザーってもしかして介人のお父さんが…?

凄いポイント3 設定がハカイダー

公式Twitterが「おれーの名はー」とテーマソングの歌詞を引用しているように、ハカイザーはもう名前からして「人造人間キカイダー」のライバルキャラクター、ハカイダーの要素も入っています。

ハカイダーには、キカイダーの生みの親である光明寺博士の脳みそが搭載されていて、キカイダーはハカイダーを倒すことが出来ない…と苦しむ設定でした。

戦いのいいところで、時間制限が来て撤退しなければならなくなるところもハカイダーのまんま(笑)

もしも、声の通りにハカイザーが介人のお父さん本人であるならば、介人はハカイザーが倒せずに苦しむことになるわけで、もう見事にハカイダーのオマージュになります。

お父さん本人が強化スーツを着ている状態なのか、お父さんの人格をコピーしたロボットなのか、はたまた別のパターンなのかは分かりませんが、とりあえずお父さんを無事に助けられる結末にはなってほしいですな。

白骨ムササビワルドに倒されるとかは、勘弁(苦笑)

ゼンリョクゼンカイキャノン!

ハカイザーの武器として初登場した新武器、ゼンリョクゼンカイキャノン
功博士の残した設計からトジテンドが作り出し、それをゼンカイザーが奪還するという流れが見事。

45人の戦隊レッドとゼンカイザーの横顔が描かれたデザインが、戦隊の歴史を感じさせて良いですな~

玩具の仕様的に45のレジェンド戦隊を10のパワーに割り振っているようなので、レジェンド戦隊の召喚能力は、似たような戦隊をひとくくりで召喚することになる模様。

ニンジャイエロー、ハリケンイエロー、シンケンイエロー、キニンジャーが召喚されたのは、お覚悟チャンバラパワー

チャンバラパワーなので、カクレンジャー、ハリケンジャー、シンケンジャー、ニンニンジャーと和風で刀を使う戦隊が選ばれているのだと思いますが、おかげで忍者の集団の中に混ぜられる侍の場違い感が凄くてちょっと可哀想(苦笑)

先述の通りハカイザーが火忍キャプター7っぽいので、真っ先に忍者ヒーローを召喚した感じなんでしょうなぁ。

デンジブルー、ダイナブルー、ブルースリー、タイムブルーが召喚されたのは、爆発サイエンスパワー

サイエンス属性が爆発なのは、ダイナマンに引っ張られすぎな気がしないでもない。

サイエンスパワーということで、言わずもがな科学戦隊のダイナマンに、デンジ星とバイオ星という宇宙の科学技術のデンジマンとバイオマン、3000の未来の科学技術のタイムレンジャーと、チャンバラパワーに比べるとまぁまぁ納得のチョイス。

ただ、サイエンスパワーをこの4戦隊で埋めてしまうと、未来科学で戦う設定のゴーグルファイブがどのパワーに入れられているのか気になってしょうがない(笑)

古代文明の力でもあるので、神秘のミラクルパワーかな? ゴーグルファイブ。



ゼンリョクゼンカイキャノンの戦隊召喚能力、どうやらゼンカイジャー側でも使えるらしいので、しばらくセンタイギアの出番は無くなるかもですなー

次回、全力全開全合体!

次回は、ないかと思っていたまさかの全合体ロボが登場!

武器にもロボにもなるなんて、凄いじゃんゼンリョクゼンカイキャノン!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました