【ツーカイオーカッタナー!天下統一! バトルシーザーロボも出るぞ!】機界戦隊ゼンカイジャー 第12カイ

スポンサーリンク

第12カイ!「ノロノロマイマイ、カタい貝!

スポンサーリンク

感想

若さ全開!ターボレンジャーの力

今回のお話は、カタツムリワルドによって動きが超スローになってしまうエリアに捕らえられた仲間と人々をどう助けるか…という回。

ジュランもマジーヌもゾックスもエリアの境目がすぐそこにあるから、いくら動きが超スローでも歩けば脱出できるのでは…?というツッコミなんてこの作品では意味なし(苦笑)

そんなカタツムリワルドに対抗するために選ばれたセンタイギアは「高速戦隊ターボレンジャー」

そうそう。ターボレンジャーの高速移動能力でスローなエリアなんて…

ってターボレンジャーにそんな能力ないよ!


いくら名前に高速ってついてるからってそんな雑な扱い方(笑)

視聴者のそんなツッコミを予見してか、ちゃんと「そんな技、あったかチュン…?」とセッちゃんにセルフツッコミさせておく用意の良さ。さすがの香村脚本。

これ以降使い道がないからか、ゼンカイジャーもツーカイザーもこれでもかとターボレンジャーギアを多用する展開には笑ってしまいました。

ツーカイザーがターボレンジャーギアを使用して何故か2人目のブルーターボが出てくるのは、原典の「高速戦隊ターボレンジャー」で、ターボレンジャーの5人と同じく妖精パワーを浴びた少年が、盗んだターボブレスでブルーターボに変身する「6人目の戦士!」という単発エピソードがあったから


いや、そんなネタ子供に伝わりませんがな!(笑)

でもこういう戦隊ファンだからこそ分かる過去作ネタ、入れてもらえると嬉しいんですよねぇ。

ただ、ジェットマン以前の全ての戦隊にこういう追加戦士系のエピソードがあるわけではないので、そういう戦隊のギアをツーカイザーが使う時に誰が出てくるのか、気になるところではありますね…(苦笑)

出撃、バトルシーザーロボ!

なんか本当は出す予定じゃなかったけど完成した脚本に後から強引に付け足しましたみたいな感じで強引に戦いに割り込んできたのは、ステイシーザーの乗り込む巨大ロボ!

その名もバトルシーザーロボ!!

名前しかり、カエリのある角しかり、盾の日の丸的模様しかり、足のソードフィーバーしかりで、元ネタはどう見てもバトルフィーバーロボ


乗っているのがバトルジャパンモチーフのステイシーザーなので、ロボがバトルフィーバーロボモチーフになるってのは至極自然。

でも、そんなロボであれば1話まるまる使ってゼンカイジャーを苦しめる回が初登場でも良さそうなのに、ツーカイオー登場のついでみたいな感じで出てくるのが笑ってしまいます。

これが捨て石ってことなのか…(苦笑)

バトルシーザーロボが活躍する回では、ぜひバトルフィーバーのセンタイギアを使って、電光剣唐竹割り対決をしてもらいたいですね!

ツーカイオーカッタナー、天下統一!

ツーカイザー初登場から引っぱりに引っぱって、満を持してのツーカイオー登場! いやー長かった。ツーカイザーが初登場してからもう1ヵ月以上経ってますもんね。

ツーカイオーのロボソン「界賊オペレイション!ツーカイオー」を歌うのは高取ヒデアキさん

高取ヒデアキさんでシンケンジャーといえば、それはもうEDの「四六時夢中 シンケンジャー」なわけで、ツーカイオーカッタナーの歌としてはこれ以上ない布陣!

ゼンカイオーブルマジーンの「コンビネイション!ブルマジーン」をボウケンジャーEDのサイキックラバーさんが歌っていたり、ゼンカイジャーのロボソンはきちんと元ネタの戦隊を歌っていた方が歌っていて非常に熱いですなぁ。

まぁ、あんまりにもシンケン要素に偏りすぎて、オーレンジャーが元ネタであるツーカイオーリッキーの立つ瀬がないところではありますが(苦笑)

次回、着ぐるみリサイクル

次回は敵を再登場させる着ぐるみリサイクル回。

1クールの節目ですから、そういう回があってもおかしくないのかも。

ツーカイオーリッキーも出るぞ! カッタナーとは別に速水けんたろうお兄さんがロボソン歌ってくれ!(無理)

スポンサーリンク

画像

タイトルとURLをコピーしました