【あのゼットンが真っ二つになる時代】ウルトラマンタイガ 第18話

第18話「新しき世界のために」

スポンサーリンク

感想

ゼットンといえば強豪怪獣の代表みたいな存在ですが、それが今や切断技で真っ二つにされる時代になりました(まぁ初代の時点で、爆弾で木っ端微塵になってるやつなんですが)

そんな今回はホマレ先輩のメイン回。
宇宙人であるホマレ先輩らしい、宇宙人絡みの殺伐としたエピソード(苦笑)

登場宇宙人は、バット星人、ピット星人、フック星人となんだか凄いメンツ。
バット星人がゼットンを使役するってのは、ファンならばニヤリとする組み合わせ。

ストーリーに全く関わらない些細な会話でしたが、「マンダリンジュースがメフィラス星で流行ってた」という、タロウファンなら笑わずにはいられない設定にもニヤリとさせられます(苦笑)

ピット星人の方を演じたのは、岩井堂聖子さん
特撮ファンならば、妖怪大戦争のヒロインか、怪奇大作戦ミステリー・ファイルのイメージでしょうか。
ゲームファンなら、SIREN2のヒロイン役の印象が強いのではないでしょうか。

 
肝心のバトルの方は、トライストリウムのフーマの技が披露され、これでようやくコンプリート。
おかげで、タイトルの通りゼットンが真っ二つにされたわけですが(苦笑)

アバンのバトルでは、タイタスがアストロビームを使用。
ジョーニアスと同じ技をタイタスも使うとは、ザ☆ウルのファンには嬉しい限りですな。

まぁ、それよりもプラニウムバスターを早く使ってよって、みんな思ってるでしょうが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました