スポンサーリンク

【顕現!仮面ライダーストリウス!】仮面ライダーセイバー 第44章

スポンサーリンク

第44章「開く、最後のページ。」

スポンサーリンク

感想

スーパーヒーロー戦記!

今回も、OPはスーパーヒーロー戦記仕様。

仮面ライダーセイバー スーパーヒーロー戦記も登場してて、やっと映画公開になったんだなーとしみじみ思いました。

あ、ちなみに私はもう見に行きましたが、皆さんはどうですか?

仮面ライダーストリウス!

前回が合体スペシャルで、先週はオリンピックに潰されたので、今回は3週間ぶりにようやくセイバーの本編。

最終回直前の大事な時期に2週間もストーリーが進まないのはどうなんだって感じる方もいらっしゃるでしょうが、周年の特別な映画の宣伝と、世界的なイベントの前では、休止も止む無し(苦笑)

そんなわけで今回のセイバーでは、ついにラスボス?のストリウスが仮面ライダーストリウスへ変身!

ラスボスが仮面ライダーになるのも、もはや恒例行事と化した感がありますね。3年連続でラスボス仮面ライダーですし(アナザーディケイドはちょっと違う気もしますが、あれもライダーといえばライダー)

仮面ライダーの世界においては、力を求める者はいずれ仮面ライダーになる。力の概念を具現化したものが仮面ライダーということなのかもしれませんな。

いやまぁ、玩具販促の都合とかそういう話は置いといて。

デザイン的には、怪人体のストリウスの頭になんだかよく分からない顔がくっついて、体はソロモンのリペイントという感じ。怪人の頭に仮面ライダーの体という点では、仮面ライダーハートに近いかな?

仮面ライダーソロモンの力も取り入れているので、体のデザインがソロモンに似ているのは設定的にはおかしくないでしょうが、出番が無くなった途端にソロモンのスーツが塗り替えられてしまったかと思うと可哀想な気もします(苦笑)

さらに、仮面ライダーストリウスは手駒として、あの4人の賢神を蘇生。さすがラスボスと言うべき能力!

まさか、存在が語られたと思ったらその翌週にマスターロゴスに消されてしまったあの賢神たちが、最終決戦の頭数合わせのための布石だったとは、誰が予想できたでしょうか(笑)

賢神のスーツはともかく、武器は東映特撮の過去作の何かから使い回してるような気がするんですが、特に既視感なし。誰か分かる方いらっしゃいましたら、教えて下さいませ。

決戦に赴く剣士たち

それぞれの想いを胸に、決戦に赴く9人の剣士たち。

これまでいろいろありましたが、こうして剣士たちが心を一つにして集まったのを見ると、胸が熱くなりますなぁ…

スーパーヒーロー戦記で先に9人揃い踏みをやってしまったので、ちょっとレア感薄れてしまった感はありますが…(苦笑)

スーパーヒーロー戦記といえば、映画だけの登場だと思っていた大人ルナがテレビにも登場。結局大きくするのなら、今まで頑なに子供ルナで通していたのはいったい何だったのでしょうか?

もうちょっと早く大人ルナになっていれば、飛羽真もいわれも無いロリコン疑惑をかけられること無かったと思うのですが(笑)

 
今回はさすがに踊ってる場合じゃないということで、EDは特別仕様。いつものダンス映像は無しで、決戦に向かう剣士たちの映像に、新規の挿入歌を重ねる形に。

挿入歌を作っても劇中で流さないことに定評のある最近のライダーにしては、今年は珍しくいろいろ流れましたねぇ。

ED曲は「The story never ends」。歌うはソフィア役の知念里奈さん。
知念さんの歌といえば、「THE夜もヒッパレ」を思い出すのが我々オジサン世代。いやまぁ、知念さんが歌っていたかはよく覚えていませんが。

次回、最終決戦!

ついに始まる最終決戦!

なんとソフィア様まで仮面ライダーに!?

闇黒剣暗闇もまさか、1年の間にここまでいろんな人の間でたらい回しにされるとは思ってなかったでしょうね…(笑)

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました