【ミジンコ男爵ってあだ名かわいそすぎるやろ】騎士竜戦隊リュウソウジャー 第28話

第28話「ミクロの攻防」

スポンサーリンク

感想

アスナの体内に侵入したミクロサイズのマイナソーをドッシンソウルで倒そうという、新しいアイテムの販促回。

「悪魔の住む花」なのかなと思いきや、ミクロサイズで体内に侵入したのに、結局何も出来ずに撤退する予想外の展開(苦笑)

ドッシンソウルの力で、アスナの心臓にまとわりついたマイナソーの尻尾だけを消滅させることになるわけですが、そもそもなぜドッシンソウルでそんなことが出来るのか分からない
テレ朝の公式サイトでも「特殊なパンチで、敵の装甲を振動させ内部にダメージを直接与えることができる」って、どう見ても劇中描写と真逆のこと書いてあるし(笑)

コスモラプターの力で電脳空間に侵入できるのもそうだったけど、リュウソウジャーって、リュウソウルの能力が物語の都合に左右されすぎなんですよね。

アスナを救えなかった負い目を感じるコウが、特訓の末にアスナの救助に成功するって話自体はよかったです。2人の信頼も感じられたし。
使うのがドッシンソウルっていう、能力的に合ってないリュウソウルってただ一点だけが足を引っ張ってた(苦笑)

まぁ、やっぱり販促アイテムのあるドラマを書くのって難しいよね…

あとナダ、あんたやっぱり敵なのか…

 
次回は、仮面ライダーWでお馴染みの山本ひかるさんが出演ですね。

タイトルとURLをコピーしました