スポンサーリンク

【50周年記念! 1人で2人の仮面ライダー!】仮面ライダーリバイス 第1話

スポンサーリンク

第1話「家族!契約!悪魔ささやく!

スポンサーリンク

感想

仮面ライダー50年の歴史を背負う新作、始まる

ついに本日、仮面ライダーシリーズの50周年記念作品「仮面ライダーリバイス」が始まりました!
50周年か… 20周年だった「仮面ライダーZO」(※ホントは22周年)から30年経ったってことだな…

と、遠い日に思いを馳せながら今日も特オタをやってる筆者でございます。

 
そんな50周年のリバイス。冒頭の歴代昭和ライダーと平成・令和の主役ライダーたちが次々に現れる50周年記念映像に、胸を熱くさせるものを感じる始まり方です。

第1話は、平穏な日常に怪人が現れ、主人公が変身する力を得てヒーローになるというヒーローものの超オーソドックスなパターンで、それ以上でもそれ以下でもなしといったところ。これからどういう物語になっていくのか気になります。

50周年記念作品ではありますが、ファン受けの良さそうな歴代ライダーに関する要素などは今のところ特になし。

まぁこれまでも、40周年のフォーゼは序盤で都市伝説として歴代ライダーの映像が少しだけ流れただけだったり、45周年のゴーストは映画で1号と共演するだけだったり、周年のライダーでも意外と歴代ライダーに頼らないってのが仮面ライダーシリーズの常だったので、50周年でもそれは変わらずといったところです。

平成10作目のディケイドと、平成20作目のジオウが歴代ライダー要素モリモリだったのでそっちの方向性も好きなんですが、まぁそちらは令和ライダー10号に期待しましょう(笑)

1話で唯一分かりやすい歴代ライダーの要素といえば、最初に発見されたバイスタンプのモチーフが猛禽類(おそらく鷲)だったこと。

1971年に放送された1作目の「仮面ライダー」の敵組織ショッカーのエンブレムに描かれていた鷲を、1971年に発見された1個目のバイスタンプのモチーフにするとは、ライダーファンにしか分からない粋な計らいってやつですね。

1人で2人の仮面ライダー

リバイスは、主人公の一輝が変身するリバイと一輝の内に宿るバイスが変身するバイスのダブルライダー制。先輩のWにあやかって呼ばれる通称は、1人で2人の仮面ライダー

いわゆるバディものと呼べるライダーは、先述のWだったり、オーズだったりといった前例があり、人間と着ぐるみキャラの組み合わせといえば電王なんかもありますが、意外と人間と着ぐるみキャラのバディものって、このリバイスが初。

主役ライダーにこだわらなければ、人間と着ぐるみキャラのワチャワチャは仮面ライダーゼロノスの侑斗とデネブ、NEW電王の幸太郎とテディなんかの前例もありますが、リバイスはそれらと違ってバイスも単体で仮面ライダーに変身できるのが新しいところ。

これが令和かぁ…(しみじみ)

バイス役の木村昴さんは「宇宙戦隊キュウレンジャー」のナレーションや、他の戦隊でのゲスト怪人などでちょくちょく特撮と関わりがありましたが、まさか仮面ライダーになる日が来るとは、本人もファンも全く思ってなかったでしょうなぁ(笑)

バイスのキャラは木村さんのおかげでだいぶ面白くなっているので、きっとこれから電王的な人気が出る…はず。

バイスの変身は、バイスの体の上から仮面ライダーバイスの鎧を装着していくいわゆる聖衣(クロス)方式。

そのおかげか、変身後は変身前のバイスの顔がほぼモロ出しという、歴代ライダーの中でもまずないデザイン。顔の見え方はあのライダーマンを上回るほど。

ライダーマンよりも素顔が見えてる仮面ライダーって凄いですよ。

これが令和かぁ…(2回目)

平成以降のライダーではお馴染みの武器。今回は「オーインバスター50」。命名はバイス。

悪魔が「押印」って文化知ってるの嫌だな(苦笑)

主役ライダーが基本フォームで使う武器ってだいたい剣なので、斧というのは珍しい。50周年ならではの変化球といったところ。

マンモスレンジャーのモスブレイカーしかり、オーズ・プトティラコンボのメダガブリューしかり、斧型の武器はだいたい銃にもなるってのは東映特撮あるあるですね(笑)

富永研司さん

一輝の弟の大二と一緒にフェニックスの分隊長になっていたのは、富永研司さん。

富永さんといえば、やはり仮面ライダークウガのスーツアクターで特撮ファンお馴染み。

富永さんは結構顔出しでいろんなドラマに出演されているので、出演そのものは珍しくないのですが、平成ライダー1号のクウガだった富永さんが、ライダー50周年記念作品の第1話に出演されているというのは、やはり特別なことだと思うんですよね。

こういう、ファンならニヤリとさせられる細かい要素も、リバイスには期待したいところ。

次回、W!

視聴者がWを意識することを制作側も予見していたのか、次回は早速Wを意識した姿にゲノムチェンジ!

ピンクと紫のWって新鮮…(苦笑)

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました