【違法カジノディーラーは普通の生活に戻せ】仮面ライダーギーツ 6話

6話 邂逅Ⅴ:逆転のブースト

スポンサーリンク

感想

クリスタルブレイク

今回はバッファ回の後編。ただメリーこと小金屋森魚の退場回も兼ねていたので、どちらかと言えば森魚の描写の方が多かったと思いますが(笑)

まぁ、メインキャラクター4人はこれから1年かけて活躍を描く機会がたくさんあるので、メイン回で出番少なくても問題ないんでしょうけど。

そんな道長は、願いが「全ての仮面ライダーをぶっ潰す力」であることが判明。

他の仮面ライダーに対しての当たりが強かったのもその願いというか、願いの原因になった過去に起因していることが分かって、キャラクターへの理解が進む回でありました。

他の仮面ライダーを敵視しているにもかかわらず、景和がブーストバックルを取り戻せるよう一応お膳立てしてみたり、卑怯者の森魚とは手を切ろうとしたりしたので、単に性格が悪いというよりは人当たり(というか仮面ライダー当たり)は悪いが根はいい奴って感じのキャラ付けみたいですね。

「龍騎」の蓮みたいで、なんかいいなと思ったり。

蓮みたいだなと思っていた矢先に、ジャマトにクリスタルブレイクみたいな地面引きずりを食らわせていたので「タイガじゃん!」って思いましたが。

しかも、その後に森魚を裏切っていたことが判明するので、余計にタイガでしたし(笑)

道長と他ライダーとの関係性が今後どうなっていくのか、要注目ですなぁ。

森魚は大方の予想通り今回で退場。

これまでの回で気のいいおっちゃんくらいの印象しかなかったところから一転して、売上を持ち逃げした違法カジノディーラーとしての過去が暴かれた上にデュオにも裏切られて捨て台詞を残して退場という、急転直下の展開がなかなかの見ものでした。

ゲーム中に死亡したライダーはともかく、脱落したライダーは記憶を消されて普通の生活に戻されることも判明しましたが、森魚の場合、勤めていた違法カジノはおそらく反社会的勢力が運営していると思いますので普通の生活に戻っても依然として命の危機があることに。

ジャマトに倒されて死ぬか、反社のヒットマンに殺されて死ぬか、はたしてどっちが幸せだったのだろうか…(笑)

リボルブオン!

今回はバッファ回ということで、バッファのゾンビブーストとブーストゾンビが初登場。

繰り返しますが、長い爪で敵を引きずりながら走る姿はやっぱりクリスタルブレイク(笑)

また、ブーストライカーには召喚したライダーのモチーフに合わせて頭部が変わる機能があることも判明。

たしかにキツネ形態にはギーツモードの名称があったので、使うライダーに合わせた動物の姿になるという設定は理にかなってるとは思うのですが、マフラー部分は九尾の狐のイメージでデザインされていると思うので、やっぱりキツネ頭以外はチグハグな感じがします(苦笑)

さらに、ギーツのアームドハンマーマグナムとナーゴのアームドクローハンマーも登場。

アームドハンマーマグナムは玩具のデザイアドライバーで変身できる形態にもかかわらず全然出てこなかったので、玩具を買った子供たちとしてもようやく胸をなで下ろしたことでしょう。

次回、ラスボス登場!

次回はタイクーンと相性のいいバックルと思しきニンジャバックルが登場。

でも初登場回は、ギーツだけが使うみたいですね。次々回が景和メイン回ってことでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました