【ファングジョーカー! アクセルも出るぞ!】風都探偵 第6話

第6話「最悪のm/白い牙

スポンサーリンク

感想

6話はマンガの14話から15話まで

アニメ第6話は、マンガ単行本2巻の14話から15話まで。これにて「最悪のm」編も終了。

今回は、アニオリでちょこちょこセリフやシーンの順番を入れ替えたり、追加のセリフがあったりしつつも、ほぼ原作通り。

ただ、アニメ1話につき70~80Pの原作マンガを消化していた「tに気をつけろ」編に比べると、今回のアニメ6話は40Pくらいしか原作がないので、全体的に間延びしていたというか、引き延ばされていた印象。

メモリガジェットの紹介シーンもマンガよりさらに丁寧ですし。

まぁ、マンガのここの話、1Pにメチャクチャ大量のセリフがあるページがあったりして1話の中にお話を詰め込んでる感があったので、逆にアニメで引き延ばされてちょうどよくなった感じなのかも(笑)

前回の記事でうっすらと期待していたファングジョーカーのテーマソングはさすがに無し。

まぁ、これは過度な期待だったので無くても全然OK。

また、マンガの通りに今回で仮面ライダーアクセル初登場!

で、マンガの通りに後ろ姿で佇む1シーンのみ(笑)

ファングジョーカー!

前回初登場したファングジョーカーですが、今回から初戦闘。

(先述の引き延ばしの影響か)マンガよりも、さらに特撮版のそれよりも丁寧に描かれるファングジョーカーへの変身が凄い!

仮面ライダーWは変身の過程で体色が一時的にグレー系になっているのですが、今回はそれが拡大解釈されたようで、グレー系のままフィリップの体がWに変わり、変身完了した段階で色がつくという描写に。

さらに、全身のトゲが鋭利になる前の、素のWの色違いみたいな状態も登場。

スーツという形が固定されている実写特撮では難しい、アニメならではの表現がいいですなぁ。

マンガだといまいち表現が難しかったファングストライザーも、ほぼ特撮版の動きを再現!

改めて、アニメになってよかったって感じ。

次回どうなる?

次回は、マンガだと短編の「cは何処に」編なんですが、ここをアニメ化するのかしないのかが気になるところ。

「cは何処に」をやらない場合、残りの6~7話は単行本3巻と4巻を原作消化することになりますが、4巻って最終回って感じの話でもないんですよね。

「cは何処に」をやる場合、ページ数が60Pくらいしかないので普通に原作消化すると1話で終わっちゃう。でも2倍の2話に引き延ばすと相当アニオリ要素を入れないといけない。

はたして、どのような采配が行われているのか…

こういうのを想像するのが、原作ありアニメの楽しいところですな。

タイトルとURLをコピーしました