特命戦隊ゴーバスターズ Mission4

Mission4「特命と決意」

今回は特に誰が主役回ということもなく、3人バランスよく描かれていた回でしたね(どちらかといえばヒロム回かな?)

今回、今まで伏せられていた事実や新設定がいろいろと明らかになる回でもありました。

ゴーバスターズの基地(というか、エネルギー管理局特命部の基地なのかな?)は、地下70mにある東西3.5km、南北2.7kmのアリの巣状の基地だということが説明されましたね。

特撮番組の中でもなかなかリアルな設定ですね。だから街のいたるところからポンポン出てこれたわけですね。

「バスターマシンの戦力アップ計画?」
やっぱり3機合体のことなのかね。

また、他にも…

メガゾードは、メタロイドをマーカーとして転送されてくるが、その座標には3km前後の誤差が出る。

エネトロンを奪うため、なるべくエネトロンタンクの近くでメタロイド=マーカーを作る。

こちらから敵の亜空間に乗り込むのは、マーカーすらないのでかなり危険。

エネトロンタンクはせいぜい地区ごとに1つ。

などの新情報が新たに判明してました。

味方側がこちらからは攻めて行きづらいという理由を上手く設定したもんだと思います。

なかなか面白い設定だとは思いますが、あまり設定でがんじがらめにすると話の自由度に支障をきたすので、そこは上手くやっていただきたいところ。

すごい今さらですが、ヒロムのお父さんってディケイドのショウイチさんじゃん(笑)

あのヒゲ面じゃないから分かんなかったよ。

「サバ。ゴーバスターズ」
「それはサバじゃなくてピザ!」
まさに、サバじゃねぇー!w それにしてもサバネタ推すねぇ。

前回でそれなりに人間関係のシコリは解消したので、今回から3人仲良い状態です。ただ・・・

ヒ「敵がいつもと違う目立ち方をしたら、普通どう思う」
ヨ「・・・ウザい!」
ヒ「バカ?」
ニ「ウェッ!」
ニックのエネトロンタンクがストレスで穴開くわ(笑)

タンクは地区ごとに1つくらいしかないようです。その地区全てに、1つのタンクからエネトロンを供給しているわけですね。

ただ、タンクというからには貯めてるだけで生成はしていないのでしょうから、そのタンクにはどこから供給しているの?という疑問が新たに出ます。

もしや、タンクにエネトロンを供給しているマザータンクとでも言うべきものが他にあるのかも

転送座標の誤差を利用して、2つのタンクを両方狙ってきたヴァグラス。そして、その目論見を看破したヒロム。と、なかなか上手い展開でした。

ただ、2つのタンク(仮にタンクA、Bと呼びます)とメガゾードが、

A ゾ B

という位置関係で転送されてきたからよかったものの、メタロイドはタンクAの近くで作られていて、そこから誤差3kmでメガゾードが転送されてくるのだから、

ゾ A   B

という位置関係で転送されてきたら・・・

たしかにヒロムの言う通り、転送結果が上だろうと下だろうとどっちも狙えますが、もしヒロムが作戦看破しなかったら3人は分散しないので、誰もいないタンクBを狙える可能性もありますが、最悪の場合は結局3人がいるタンクAを攻めることになります。

作戦穴だらけですよ。エンターさん?(笑)

名前がよく聞き取れませんでしたが、整備の人が出てきました。

そのうち準レギュラーとして、物語にも絡む日が来るのでしょうか。

今回の転送時間は4分30秒と短めにも関わらず、時間リンク演出ないなぁと思ってたら、最後の最後残り10秒で出てました。

う~ん。製作側としては、この演出でどうしたいのだろう?

vs2012-03-18-13h26m38s172
今回の敵メガゾード、カッターゾードは初のγ素体を使用。

γ、パイロットがいればライバルロボになれる感じのかっこよさでしたね。

vs2012-03-18-13h30m15s26
ヒロムが操作した機器類。実際のメカに詳しくないので、どれが何の機能を司ってるのかほぼ分かりませんが、こうやって細かく作りこんであるのはすごいですよねぇ。

この辺り、さすがゴーバスターズです。

亜空間に取り残された人たちも自分たちと同じように、ワクチンプログラムで生き残っていると信じて戦い続けるヒロム。

やはりこれは今後「運命の子供たちはあと○人いた!」とするための前ふりなのでしょうかね。

機体の他の部分を機能停止して、出力の下がった四肢を補い、最後の一撃を加える。

戦隊シリーズにおいて、ここまでロボをメカとして扱った作品もあまりないですよね。

生命維持をないがしろにして、敵への一撃に賭けるとか燃える!

vs2012-03-18-13h38m39s39
4話にして機体に大穴開けられてしまったゴーバスターエース。

これはやはり、後々に控えてる「合体」を引き立てるためでしょう。

次回、整備の人にヒロムが文句言われてたりしたら面白いんだけどなぁ。

エネトロンの中に発信機をしかけ、マーカーとして利用しようとしていた司令官。

ヒロムたちを必死で戦わせていたのは、エンターの目を欺くためだったらしい。

目的のためなら部下でも囮に使う。なかなか厳しいですな司令官。

でもEDでのダンスのノリノリっぷり(笑)を見る限り、決して悪い人ではないと思いますので、今後司令官の優しさが描かれる回に期待しましょう。

あと、どうせなら全てのエネトロンタンクのエネトロンに発信機しかけとけば、今回みたいに危ない目に合わなくてもそのうち成功しそうな気もするんですけどねぇ(苦笑)

vs2012-03-18-13h53m27s166
リュウさん、仲間思いのいい人だとは思いますが、大人なんだから上司に手を上げちゃダメでしょう(笑)

次回は待望のリュウさん主役回っぽいですね。

vs2012-03-18-13h55m27s150
あれ? サブタイ表示されるようになってる(笑)

さすがにサブタイまで表示されないのは、苦情があったのかな。

サブタイの面白さも、次回の視聴を誘引する要因の一つですもんね。

「怪物がひそむ花びらに少女は口づけした」なんてサブタイが表示されたら、誰だって次回が気になるでしょう?(笑)

あぁ、あと記事書くほどじゃないので、こちらで。

デジモンクロスウォーズに歴代主人公集合とのことで、釣られて録画していたのですが、後番組の星矢の番宣が一番燃えました(笑)

vs2012-03-18-14h11m36s115
ナレーションの古谷さんの声に、俺の小宇宙が燃え上がる。

2代目の森田さんたちには悪いと思いますが、やっぱり初代の声優の方が燃えますよね。

今回は星矢たち5人の出番は少ないと思いますので、古谷さんが星矢役に復帰したのでしょうか。

星矢、なんか首元にフリフリつけてるけどどうしたの(笑)

発表当初から「ハートキャッチ星矢」だの「おじゃ魔女星矢」だのいろいろ言われてましたが、黒目が大きくなったくらいでそこまで違和感ないですよね。

聖闘士星矢Sins。・・・じゃねぇやΩだ。

ペガサス幻想のピアノアレンジがメチャクチャかっこよかった。

主題歌は変にタイアップしたJ-POP的なものでなく、ペガサス幻想や聖闘士神話のような燃えるヒーローアニソンにしてもらいたいなぁ。

君は、小宇宙を感じたことがあるか!

コメント

  1. 手羽 より:

    お久しぶりです
    今回は大人なリュウさんがアツくなる貴重なシーンが見られましたね(笑)
    メイン回と思われる次回も気になります!

  2. マサキ より:

    手羽さん>
    お久しぶりです。
    熱くなるのが・・・というか、目立つのが貴重というか(苦笑)
    次回のメイン回楽しみですね。

  3. アルイクス より:

    焼き鳥みたいなものをつくるところをもう一度見たいですか。
    ※このコメントが投稿されたときの時刻は2012年でした。

  4. マサキ より:

    アルイクスさん>
    申し訳ありませんが、ちょっと意味が分かりません…(汗)

  5. Null より:

    3kmだと地面に埋まって*いしのなかにいる*になりそうだ。
    大きいから上空から落ちてきたら脅威だけど。

  6. マサキ より:

    Nullさん>
    なるほど、上下の誤差はあるんでしょうかねぇ?(笑)

タイトルとURLをコピーしました