【仮面ライダーゼロツー! 平成が存在する限り、令和ライダーが滅びることはない】仮面ライダーゼロワン EPISODE #40

第40話「オレとワタシの夢に向かって」

スポンサーリンク

感想

仮面ライダーゼロツー!

この番組もいよいよ最終クール。

ついに登場した仮面ライダーゼロツー

ゼロワンからの正統進化なシンプルさがカッコいい。

胸元の「02」を模したパーツが真紅のマフラーっぽく見えたり、グローブが赤かったり、ゼロツーという名前だけあって仮面ライダー新2号を意識したデザインなのもニヤリとしますよね。

最強フォーム(かはまだ分かりませんが)にしてはデザインがだいぶシンプルなんですけど、ウルトラマンオーブなんかも、最強フォームのオーブオリジンが全形態の中で一番シンプルだったので、たまにはこういう最強フォームもいいかなって感じです。

オーブに関しては、最強フォームと言いつつオーブオリジンが本来の姿なので、ゼロツーとはまた違った存在ですが(苦笑)

ゼロツーの場合はそれよりも、主役仮面ライダーの名前が変わってしまったことの方が衝撃です。

パワーアップして名前が変わってしまったライダーといえば、大先輩のブラックRXがいますが、あれは新番組になったからだったので、同じ番組内で名前が変わってしまったゼロツーはだいぶ稀有な例。

これが令和の仮面ライダーか…

仮面ライダーは二度死ぬ

或人も、天津社長も、不破さんも刃さんも全員死ぬという絶望的な展開

からの謎のタイムリープ? そしてそこからの、全てはイズによる何十億通りものシミュレーションの結果の一つを見せられていたというオチ!

タイムリープ(ぽく見える展開)という難しい題材を上手いこと30分にまとめ上げ、さらにそれを、いろいろ制約が多いであろう新フォーム登場回に持ってくる脚本、凄すぎるんですが…

或人を救うため、数えきれないほどのシミュレーションを繰り返したことで、ようやくゼロツードライバーが完成したというのもパワーアップ回として見事。

あとイズ役の鶴嶋さんの表情が素晴らしい

平成が存在する限り、アークが滅びることはない

え、やっぱり平成にはそんな偉大な力が?
まだ令和は始まっていない。今はまだ平成だったんだ!!


と思ったら「衛星」の空耳だったというオチ(苦笑)

でも検索したら、かなり大多数の人が「平成」って聞き間違えていたので、やっぱりファンの心には、まだまだ平成ライダーが生きてるんだなって感じます。

もしくはみんなクォーツァーに毒されている(笑)

ダイナミック会社訪問

言いたかっただけです(?)

スポンサーリンク

画像

タイトルとURLをコピーしました