【ランペイジバルカン爆誕! 不破さん、主人公と化す】仮面ライダーゼロワン EPISODE #29

第29話「オレたちの夢は壊れない」

スポンサーリンク

感想

あっさり終わったお仕事勝負

天津登場後から行われてきたお仕事勝負も今回で終了。

長い時間をかけてきたにもかかわらず、最後の対決がラッパーヒューマギアが暴走したせいで飛電の負けとメチャクチャあっさり終わってしまったの、なんとも釈然としない感じです(苦笑)

普通、こういう○番勝負みたいなストーリーだったら、互角の勝負をくり広げながら最後の勝負までたどり着いて、最後の勝負で「どっちが勝つのか!?」を劇的に描くのがセオリーだと思うんですけど、その最後の勝負がこうもあっさり終わって、あまつさえ飛電が負けて終わるというのは、なかなか無い展開ですよね…

或人も社長を退任してしまったので、はたして次回以降どういう物語が描かれるのか、目が離せなくなってきました。

あと、回を追うごとに天津へのヘイトがガンガン高まっていきます(笑)

不破の脳内には「亡」の人工知能が搭載されていた!?

不破さんの脳内には、滅亡迅雷の「亡」の人工知能が搭載されていて、滅亡迅雷にしか使えないはずのアサルトウルフのキーが使えたのも、亡の人工知能のおかげだったということが明かされました。

滅を脱走を不破さん手引き(迅のハッキングによる)していたり、そもそもZAIAと敵対している迅が「不破の中にいる亡を解放する」という旨の発言をしているので、100%ではないにしても、「不破の中に亡の人工知能がある」ということに関しては真実なのでしょうね。

いやぁ、まさか本当に改造人間だったとは。

本人の許可を得ずに脳改造を施すとは、ショッカーと同レベルの悪の組織と化していますよZAIAは(笑)

 
不破さんに関する秘密は、一見全て明らかにされたように思えますが、まだ謎のフードの人物を不破さんが追いかけていた(=不破さんと謎のフードの人物が別にいた)部分に関しては明かされていません。

なので、生身の人間である本物の不破さんがまだどこかにいる説を、私は捨てていませんよ!(苦笑)

ランペイジバルカン!

脳内に埋め込まれたチップによる、天津からの強制コントロールを振り切る不破さん!

新フォーム、仮面ライダーバルカン・ランペイジガトリングに変身!

ここぞというタイミングで流れる主題歌!

不破さん、これはもう主人公でしょう(笑)

今回が、或人に関しては完全に負け回だったこともあり、不破さんがカッコいいところは全部持って行った形になりましたね。

これまでのプログライズキーの能力を兼ね備えたパワーアップ形態というのも主役ライダーの最強フォームにありがちな能力ですし、悪の組織による改造手術の支配を精神力で乗り切るという展開も合わせて、今回に関しては間違いなく、不破さんが主役ライダーだったと言えるでしょう。

ランペイジバルカンは普通にカッコよかったんですが、天津がまだまだ全然余裕ぶっこいてますし、ランペイジバルカンが戦った相手が、刃なので倒すわけにはいかないということで、パワーアップ回にしてはイマイチ煮え切らなかった感じでしたね。

タイトルとURLをコピーしました