【レイガVSグア・スペクター! USAの3人もカムバック!】ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突 Episode4

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感想

ウルトラマンレイガ VS グア・スペクター完全体

第4話は、ニュージェネレーションヒーローズとグア・スペクターとの戦いがメイン!

前回の記事でも書いた通り、グア・スペクターそのものは「X」の頃に登場していて、ギンガ、ビクトリー、エックスの3人で協力して倒しているので、別にそんな苦戦しないんじゃ…?

と思ったりするわけですが、今回の個体はどうやら完全体らしく(たしかに昔より原作のグアには似てる)、増えに増えたニュージェネレーションヒーローズが最強形態で束になってかかっても全然敵わない強さ!

いやー、さすが「アンドロメロス」のラスボス。こりゃ、アンドロメロスさんにグランテクター持ってきてもらわないと!

まぁ、グランテクターは出てこないがウルトラマンレイガは出てくる!

映像作品では2度目の登場となるレイガ。全11人のウルトラマンという合体する数が数なだけに、滅多に映像作品には出られないウルトラマンだと思うので、本当ギャラファイというシリーズはウルトラファンにはありがたい存在です。

ただ、レイガの登場そのものは嬉しいんですが、レイガがここで出ちゃったら、ニュージェネレーションヒーローズの活躍は今回でほぼ終了でしょうなぁ。ちょっともったいない。

あと、せっかくグア・スペクターもメカバルタンも出たのに、アンドロメロスと1ミリも絡まなかったのはただただ残念(苦笑)

メカバルタン&サイバーメカバルタン!

レイガに合体できないので余っちゃうゼットの相手として、グア・スペクターがメカバルタンコンビを呼び出してくれました!(笑)

メカバルタンと、サイバーメカバルタンのメカバルタンコンビ。メカバルタンって書きすぎてゲシュタルト崩壊してきた。

メカバルタンは元々グア軍団の一員なので、サイバーメカバルタンもグア軍団ってことなんでしょうかね?

サイバーメカバルタンは映像作品では初登場。元々イベント用に作られていたバルタンバトラー・バレルの着ぐるみを、おそらく改造したものっぽい。

「大怪獣ラッシュ」、懐かしいな…(遠い目)

ギャラファイは、1作目のレッドキングコンビといい、2作目のゼットン軍団といい、人気怪獣の派生キャラはとりあえずまとめて出しちゃう!っていう展開をやりがちです。だがそれがいい。

 
メカバルタンコンビは、ベリアロクが戻ってきたゼットがサクッと倒したものの、そのベリアロクが今度はベリアル本人に奪われてしまうという大失態。

というか本作のベリアロク、人に盗られてばっかりでは?(笑)

レグロス、喋る

本編映像で初めて喋ったレグロス。

同門のアブソリュートティアボロとは過去に何かあったんだとは思いますが、現時点では詳しいことはさっぱり。

全10話しかないのに、4話まで捕まってて大丈夫なのか…?って気はしてきますが、坂本監督がレオ兄弟とがっつり絡ませて両方とも活躍させるつもりなのはOPで既にバレているので、今後の活躍に期待しましょう。

タルタロスさん、ノアを倒そうとしてしまう

惑星バベルに伝説の超人ウルトラマンノアが現れると知り、アブソリュートティターンを向かわせるタルタロス。

自分はレジェンドのスパークレジェンドから速攻で逃げたくせに、仲間には伝説の超人を倒してこいと命令するのだから、タルタロスは本当にセコい(笑)

ノアと戦ったら、ティターン秒殺されてしまうんじゃないだろうか…

まぁ、当のノアさんはここ10年ネクサスの姿でしか現れてないので、ちゃんとノアの姿に戻っているかは謎ですが…(苦笑)

時の中を走りぬけて

ウルトラマンUSA登場ぉぉぉぉ!!!

配信前から告知されていたことですが、実際に見るとやっぱり熱い! 映画の主題歌「時の中を走りぬけて」のイントロをバックに登場するのも熱い!

「ウルトラ銀河伝説」で映像作品に久しぶりに出たのに、ベスがパワードに誤射されるくらいしか見せ場がなかったのとは大違い!(笑)

伝説の誤射

 
ティターン目がけて飛んでくる3種類の光線技が、スコットがイームを倒した時のウルトラ・エナジー・ボール、ウルトラ・スライサー、グラニウム光線の3連射の再現になっているのが芸コマ!

こんなの、子供の頃に「USA」を死ぬほど見てた特撮大好きオジサン(筆者のこと)だって初見じゃ気付かないぜ~

ギャラファイお馴染みの紹介カットで、グラニウム光線を左で構えてるのでアレ?ってなりますが、原作のアニメでも3人一緒にグラニウム光線を撃つカットでは左で構えてるので、左でも間違いじゃありません。

スコットは左右両方から撃ってるので、左右どっちでも撃てる光線なんでしょうね。

 
今回のUSA3人のスーツは、ジョーニアスと同じくアニメの作画寄りに作られたニューバージョンのスーツ! 黒目(覗き穴)が無くなったり、銀色の部分が白になったり、かなりアニメのイメージに近くなりました。

個人的には、アニメのウルトラマンをスーツ化した時に白が使われるのは納得いってないんですが、まぁ円谷さんなりにアニメを実写化しようと頑張った結果なので、これはこれであり。

ちなみに、チャックの赤はアニメ中だと他の2人より暗い赤(茶色に近い)なんですが、スーツだと他の2人と同じ赤で塗られがちです。なぜ白のカラーリングはアニメに寄せるのに、チャックの赤はアニメに寄せないのか(笑)

 
声優陣は、スコットの古谷徹さんのみ続投で、ベスは鶴ひろみさんから瀬戸麻沙美さんへ、チャックは小川真司さんからてらそままさきさんへ変更になりました。

瀬戸さんのベスは、どことなく鶴さんの声に似てる雰囲気があって、なかなかいい感じ。

チャックは、オリジナルの小川さんが知的なナイスミドル風だったとするなら、てらそまさんのチャックは筋肉モリモリマッチョマンのおじさん風といった感じ。若干イメージは違うけど、これはこれで新しいチャックという感じかも。

そして、33年経ってるのにほとんど当時のまんまの古谷さんはやっぱりレジェンド。もう一度スコットを演じてくれて、ありがとうございます。

というか声のこと以前に、そもそも原作の3人はあんな英語混じりで話すようなキャラじゃないというね(苦笑)

ウルトラマンがたくさん出てくるので、キャラ付けのために多少オーバーなセリフになるのは仕方ないですが。

原作が気になった人は、TSUBURAYA IMAGINATIONのスタンダードプランに入れば見られるぞ! スタンダードプランでギャラファイを見ているなら、ついでに「USA」も見てみよう!

ウルトラマンUSA Blu-ray
バンダイナムコアーツ

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました