【ジャオウドラゴンは果たして活躍できるのか?】仮面ライダーセイバー 第11章

第11章「乱れる雷、広がる暗雲。」

スポンサーリンク

感想

カリバー・ジャオウドラゴン登場!

今回は、正体が判明したカリバーこと上條大地に対し、賢人がケンカを売るという回。

賢人がケンカを売った結果、カリバーがジャオウドラゴンにパワーアップして倫太郎が死にかける…という、どうにも倫太郎が不憫すぎる回でした(苦笑)

ジャオウドラゴン、強いことは強いと思うのですが、この時期に登場する中間フォーム的存在ならば普通は強敵を倒すことによって強さを見せつけるのに対し、今回は倫太郎を瀕死にしただけで終わっているので、なんともアピールが弱い感じに。

ちゃんと戦績を残せないと、ギャレンのジャックフォームみたいに後年に弱フォームとか言われることになってしまうので、ジャオウドラゴンにはなんとか頑張って強さをアピールしてもらいたいところ(笑)

倫太郎は二度死ぬ

ジャオウドラゴンの攻撃からエスパーダを庇って、ブレイズこと倫太郎が瀕死に。

幼い頃から身よりがなかった倫太郎にとっては、ソードオブロゴスのメンバーが家族。だから家族を守るんだという倫太郎の思いには胸が熱くなりましたね。

ただ、こういう時期にこの展開だと、クリスマスに消滅した貴利矢さんを思い出してハラハラするからやめて…(苦笑)

まぁなんとか倫太郎は死なずに済んだみたいなのでよかったですが、今回のように仲間庇って死にかけたり、ワンダーコンボを使いこなすために1人だけ修行でボロボロになってたり、倫太郎はどうも苦労属性がつきまとっているようなので、最終回まで無事に生き残ることを願います。

スポンサーリンク

ドラゴンブレーメン

今回はほぼ脇役の扱いだったセイバーの方はというと、スラッシュから「ブレーメンのロックバンド」を借りてドラゴンブレーメンに。

なんか、新しいライドブックの販促のためにとりあえずセイバーに使わせるって展開多くないですか?(笑)

次回、賢人はどうなる?

普通はこのくらいの時期であれば、中間フォームにパワーアップして強敵を倒せば済むものの、今回は敵がその強化フォームのライダーで、さらにその敵ライダーはどう考えてもまだ倒してはいけないタイミング。しかもエスパーダのパワーアップは無さそう

はたして後編でどういう風にストーリーを閉めるのか、気になるところです(苦笑)

スポンサーリンク

画像

タイトルとURLをコピーしました