【ブラック企業はホラーの巣窟】牙狼<GARO> ハガネを継ぐ者 第4話

特撮・アニメ

第4話 傷

スポンサーリンク

感想

ブラック企業の陰我を断ち斬れ

今回も前回に引き続きホラーはお休み。

厳密に言うと、ホラーは出てきましたがバトルはなし。

溜めて溜めて、ここぞというタイミングでバトルをやるって方針なんでしょうね。

いや、でもせめて2回に1回くらいはバトルを見たいものなんですが…(苦笑)
 

予告で心配されていた創磨の闇堕ちは、単なる過去の回想だったので一安心。

いやまぁ、創磨に斬りかかられたゴドウが心配ではありますが…

ゴドウが行方不明なのこのせいなんじゃないの…?

 
閃光剣舞は剣に取り込んだ闇を光に変えて放つ技であることも判明。

使うための修行の段階で闇堕ちする危険がある技、封印した方がいいと思うんですけど…(笑)

闇を光に変える技だからこそ、流牙が扱えるってのも説得力があっていいですよね。

初主人公の作品名が「を照らす者」で、強化形態がガロ闇と、これほど闇に縁のあるガロもそういないですから。

ゲスト?で、仮面ライダーアギト=津上翔一でお馴染みの賀集利樹さんも登場。

絵に描いたようなブラック企業&詐欺業者の社長って役どころで、ここだけ見ると「闇金ウシジマくん」かな?って感じでしたね。

そのあと社員全員ホラーになるのは笑っちゃいましたが(笑)

ブラックすぎてホラーになってしまうほどの陰我…

やはりブラック企業は悪。


賀集さん、予告で顔ドアップで映ってたので、もしかすると敵レギュラーなのかなと思ってたんですが、なんか普通のホラーになってたので違うっぽいです。

まだ4話しか放送してないのに、元仮面ライダーが2人もホラーになってるこの作品ヤバすぎんか…? 

唯一タケル殿だけが魔戒騎士なのが救いだ…

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました