スポンサーリンク

サクラ大戦3 第1話「欧州は花の都」

スポンサーリンク

早速サクラ大戦3やりました。

その前にまず、付属のサクラ大戦Vの体験版をやってみました。

アドベンチャーパートと戦闘パートに分かれていて、まずアドベンチャーパートから。

それぞれの好感度を上げるのにはだいたい成功したんですが、サジータにだけは嫌われました。

「法律こそ正義」と言うので、「紐育華撃団星組も正義ですよね?」と聞くと、「自分を正義と思うのは危険だよ」と。

さすが弁護士、言うことが違います。ただ大神とは意見が合わなそうです(笑)

次に戦闘パート。使えるのは大河機とジェミニ機だけでしたが、血潮からパワーアップしていてなかなか面白い戦闘でした。特に任意で発動できるようになった連携攻撃はよさそう。戦略の幅が広がりますね。空中戦も新しい感じがしてよかったです。

STARがかっこいいですね。血潮の神武とはまた違ったかっこよさがあります。

あぁなんだかVもやりたくなってきた(笑)

さてさて本題ですが、3の第1話をプレイしました。

たしかにOPムービーは綺麗ですね。でも今の感性からするとこれが普通くらいかも?

まず出会ったのは、大使館の迫水大使。サコミズですよサコミズ(笑)

中の人が声優でないからか、多少違和感がある感じ。まぁそのうち慣れるでしょう。

そしてエリカ登場。見たところ霊力が使える以外普通の子でしたが、早速ドジっぷりを披露。これが世間で噂のドジっぷりかと感動しました(笑)

テアトルシャノワールでは、グラン・マ、メル、シーが登場。

メルに名前で呼んでもらえるのはまだ先でしょうか。

シーの声を聞くと、いまいち非人間キャラのイメージが合って違和感がありますね。

夜に帝都のことを思い出すシーンでは、思い出した帝都のイメージがSS、DC版でした。これは血潮のデータ合体させると変わったりするんでしょうか?

まぁ後のお楽しみということにしておきます。

次の日朝っぱらからエリカのドジに巻き込まれた後、颯爽とグリシーヌが現れました。

グリシーヌが思った以上に高圧的な態度でビックリ。早く人間として認めてもらいたいものです。

でも「名前を呼んだか?」とか言いながら、あの勇壮なテーマソングに乗って出てくるシーンを見るとなんだか自然に笑いがこみ上げてきますね(笑)

自由移動が劇場内だけでなく巴里市内になったということで、移動とかがメンドくさそうです。血潮と違って、イベントがあるところに印があったりしないし。

まぁそのうち慣れるでしょう。

そうこうしながら貴族に罵られ、敵が出現して戦闘。

劇場内のバーで一緒に酒を飲んだ酔っ払いが整備班長でした(笑)

なんだか整備班長がいるなんて、大帝国劇場よりもたくさん人がいる気がします。まぁ漫画だと帝劇にも親方や広井がいたりしますけどね。

戦闘はARMSなんで簡単だろうと思ってたら、車をふっ飛ばしたことでダメだしが。

血潮の時は何も言われなかったのに~(泣)

2台目をふっ飛ばした時は好感度も下がりました(笑)

ウサギ怪人シゾーが見かけによらず強くてビックリした。大神がひそかに落とされかけました(笑)

まぁ移植版ということで、ムービーがちょっとザラついてるかなという気もしましたが、他はおおむね良好でした。

何より3ができると思ってなかったので、できるだけでも嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました