『シン・ウルトラマン』のキャスト陣が出演していた意外な特撮作品とは?

「シン・ウルトラマン」の追加キャストが発表されましたね。

「ガオゴッド出とるやんけ!」と思ったファンの方も多かったのではないでしょうか(そうか?)

そこで今回は、「シン・ウルトラマン」のキャスト陣が過去に出演していた特撮作品について、振り返ってみました。
この機会に、キャスト陣の出演作を見返してみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

メインキャスト3人が出演していた特撮作品

斎藤工さん

主演の斎藤工さんが出演していた特撮作品が、あの有名な「兜王ビートル」です。

おそらく99%の方は、「何それ?」と思われたことでしょう。詳しくは、ググってみて下さい(苦笑)

この作品で、斎藤さんは悪のボス、破壊王ディザスター役でした。
「シン・ウルトラマン」 の前に、ぜひとも履修しておきたい作品ですね。

 
また、「シン・ゴジラ」でも数秒ほどでしたが、自衛官役で出演されたことをご記憶の方も多いのではないでしょうか。

長澤まさみさん

長澤まさみさんが出演されていたのが、ゴジラ映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」「ゴジラ FINAL WARS」です。

長澤さんが演じていたのは、小美人という小人の役。
小美人を知らない方のためにざっくり説明すると、怪獣モスラと人間とを繋ぐ妖精のような存在で、長澤さんは小美人の双子の1人を演じていました。

西島秀俊さん

ウルトラマンと同じく、円谷プロが製作した特撮番組に「怪奇大作戦」という作品があります。

特捜チームSRIのメンバーが怪奇な事件に立ち向かっていく様を描いたドラマで、西島秀俊さんは、そのリメイク版である「怪奇大作戦 セカンドファイル」で、主人公の牧史郎を演じていました。

 

メインキャスト3人が過去に特撮作品に出演していたことは、意外に思われた方も多いのではないでしょうか。

ここからは、本日発表された追加キャスト陣の過去の特撮作品について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

追加キャスト陣が出演していた特撮作品

有岡大貴さん

有岡大貴さんが過去に出演していた特撮作品が、「百獣戦隊ガオレンジャー」です。

有岡さんが演じていたのは風太郎という少年の役で、その正体は、ガオレンジャー世界におけるであるガオゴッド(巨大ロボ)という、なかなかにパンチのある役どころでした。

田中哲司さん

私自身があまり覚えていないので大きいことは言えないのですが、田中哲司さんは「超光戦士シャンゼリオン」で1話だけゲスト怪人役で出演されていたようです。

 
渡部篤郎さん「特警ウインスペクター」に強盗役でゲスト出演されていたり、ベテラン俳優ほど意外と過去に特撮ヒーロー番組に出演してたりしますよね。

山本耕史さん

山本耕史さんは、仮面ライダーシリーズの最新作「仮面ライダーゼロワン」に現在進行形で出演中です。

同時期に、仮面ライダーとウルトラマンの両方に出演されるって、凄いですよね…(シン・ウルトラマンは2021年公開ですが)

嶋田久作さん

「シン・ゴジラ」での「この内容はひどすぎましゅ!」が印象深い嶋田久作さんですが、他にも多数特撮作品に出演されています。

それらの中でも最も印象深いのは、やはり「ウルトラマンネオス」での防衛チームHEARTの隊長ミナト・ゴンパチ役でしょう。

嶋田久作さんがウルトラマンで隊長役をやっていたなんて、意外に思われた方も多いのではないでしょうか。

ネオスは2018年に全話を収録したBlu-ray BOXが発売されたばかりなので、興味のある方は一度ご覧になってみることをオススメします。

益岡徹さん

様々な作品で見ることの多い益岡徹さん。
特撮作品で印象深いのは、メインの悪役を務めた「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX」でのレム・カンナギ役ではないでしょうか。

「仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王」に登場した銀河王のオマージュである超銀河王に変身する役どころでした。

他にも、「牙狼〈GARO〉〜闇を照らす者〜」にてオウマ役を演じていたり、意外と特撮ファンにも馴染みのベテラン俳優さんです。

山崎一さん

山崎一さんが過去に出演していた特撮作品が、「仮面ライダーフォーゼ」です。

山崎さんは、幹部怪人ホロスコープスの1人ヴァルゴ・ゾディアーツを演じていました。

これを書いてしまうと完全なネタバレなので、フォーゼ未見の方には非常に申し訳ないです(笑)

スポンサーリンク

まとめ

「シン・ウルトラマン」キャスト陣が過去に出演していた特撮作品を振り返ってみました。

意外にも特撮出演歴のある人が多くて、私自身、映画がますます楽しみになってきました。

公開までまだまだ時間がありますので、キャスト陣が出演していた特撮作品を見返してみるのも、一興ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました