【ウルトラマンロッソがドンブラをオレ色に染め上げる】暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン17話

ドン17話「ひかりとつばさ」

【ウルトラマンロッソがドンブラをオレ色に染め上げる】暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン17話
スポンサーリンク

感想

ドンブラをオレ色に染め上げろ! ルーブ!

今回は、犬塚のメイン回 ウルトラマンロッソがドンブラザーズをオレ色に染め上げていった回。

犬塚と絡んでいたメインゲストの田辺役は、ウルトラマンロッソの湊カツミ役でお馴染みの平田雄也さん

別にウルトラマンに出てた役者さんが東映特撮に出るのは珍しいことじゃないんですが、今回に限ってはなぜか平田さんがウルトラマンだったことを盛大にパロっていて…?

回想シーンでの田辺は赤いジャケットに白いシャツを着ているし…

ラストシーンでは、超ダサいTシャツを着ているし…

もう完全なる「ウルトラマンR/B」イジり。

これは別に特オタがうがった見方をしているわけではなく、東映の公式サイトにも
>元ネタのヒントは、究極の救世主と、あのブティックです。
との記載がありますので、東映の確信犯的犯行です(苦笑)

「恋は幸運の父」と描いてあるクソダサTシャツの、究極の救世主と、ブティックが元ネタというのはつまり、「宇宙戦隊キュウレンジャー」のラッキーの父親と、「ウルトラマンR/B」の湊カツミの父親を演じていたのが、どっちも山崎銀之丞さんだったことにかけたネタ。

いやそれ、筆者みたいな重度の特オタには伝わるけど、ほとんどの人には全く伝わらんと思いますが…(笑)

まぁそんなこんなで、ドンブラをオレ色に染め上げていったカツ兄でございました。

ジェットマン鬼

今回の鬼はジェットマンがモチーフの鳥人鬼。

男2人の間で揺れ動く女性が変身するというあたりは、実にジェットマンの鬼。

去年は特に意味もなくジェットマンの最終回を全力で再現していたかと思えば、今年はジェットマンのメインライターだった井上大先生が脚本にも関わらず、ジェットマン要素はそこそこにウルトラマンのパロディをやっているチグハグさ。

この2年、いい意味で戦隊は自由ですなぁ。

ドラゴンレンジャーにアバターチェンジ!

前回手に入れたドラゴンレンジャーギアを使って、ドンドラゴクウがドラゴンレンジャーにアバターチェンジ!

去年のドラゴンシーザーモチーフのスーパーゼンカイザーもよかったけど、やっぱりオリジナルデザインそのままのドラゴンレンジャーはいい!!

ちょっと音色は違う気がしましたが、獣奏剣でドラゴンシーザーを呼び出す時のメロディを吹いてくれたのもよかった。あの曲、戦闘中に吹いても意味ないとは思いますが、そんなの全然気にしないのがドンブラ流。

ちなみに「まるでお兄さんになった気分です」って言ってる時のポーズは、ドラゴンレンジャーの名乗りポーズ。

次回、ドンムラサメ!?

次回は新ヒーロー、ドンムラサメが登場!

まだドントラボルトも出ていないのに、早くも別のヒーローが出てくるとは、ドンブラは本当に自由。

ドンムラサメの声は、聞いた限りだと声優の村瀬歩さんっぽい。声優さんが声を演じているってことは、ステイシーザーなんかとは違って変身しないキャラクターかも?

でも、狼鬼ってパターンもあるしなぁ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました