【シャイニングホッパー誕生! でも今回は顔見せ】仮面ライダーゼロワン EPISODE #12

第12話「アノ名探偵がやってきた」

スポンサーリンク

感想

暗殺ちゃん強敵となる

前回、大和田伸也さんを撃ってラーニングを完了した暗殺ちゃんは、ついに滅たちの制御も離れて独自の行動を取るように。

あの可愛かった暗殺ちゃんがウソのように、大人びた振舞いを見せるようになりました。

しかも、元はお祭り用に作られたヒューマギアであり、それを窃盗団が盗み出した(上に滅亡迅雷がさらに盗んで暗殺用ヒューマギアに作り替えた)存在だったことが判明。

そんな面白経歴、想像できる?(笑)

さらに驚きだったのは、これまでコツコツ描いてきた暗殺ちゃんのパワーアップが全てシャイニングホッパー活躍のための前フリだったこと(苦笑)

イズの兄、ワズ

イズの兄を名乗る探偵ヒューマギア、ワズが登場。

ヒューマギアの兄弟関係って、どういう条件であれば成立するのかなと思ったのですが、ワズが「前社長が直々を手をかけた」みたいな発言をしていたので、おそらく作った人が同じであれば、兄弟ということになるのでしょう。

かの「キカイダー01」でも、光明寺博士が作ったイチロー(01)、ジロー(キカイダー)、サブロー(ハカイダー)は兄弟とされていましたしね。

シャイニングホッパーが登場するも、今回は顔見せのみ

新フォーム、シャイニングホッパーが登場!

強化形態が、初期フォームの完全上位互換みたいなパターン、特オタ的には燃えるものがありますよね(Wのサイクロンジョーカーエクストリームとか、オーズのスーパータトバとか)

と言っても今回は顔見せだけ。シャイニングホッパーの本格的な活躍は次回とは、来週まで悶々とした日々を過ごさなければならないぜ!(?)

タイトルとURLをコピーしました