【また男を脱がす坂本監督! ウルトロイドゼロとTDGもあるよ】ウルトラマンZ 第22話

第22話「それぞれの明日」

スポンサーリンク

感想

坂本監督、いい体の男をまた脱がせてしまう

今回は坂本監督回ということで、いい体の男は脱がしてしまうという坂本監督の得意技が炸裂(笑)

この光景見ると、坂本監督回だなって安心できますね(?)

朝の時間帯ということで、もう一方の得意技である女性をベビーオイルまみれにするが見られなかったのは、よかったような、残念なような(苦笑)

ウルトロイドゼロ

ついに、特空機4号ウルトロイドゼロが登場!

これまで特に登場の伏線とか無かったのに、急にTwitter公式アカウントがシレっとネタバレしてくるからビックリした視聴者も多かったでしょう(笑)

ゼロ型のロボットとしては、既にダークロプスゼロの前例がありますが、あれは異星人であるベリアル軍が作ってサロメ星人が使役するロボットだったので、ついに地球人類がウルトラマン型のロボットを作ってしまったのだと思うと、複雑な気持ちになりますな。

登場時期的にも、テラノイド的オチになる臭いがプンプンしてますし(苦笑)

ヘビクラ隊長ことジャグラーが、ウルトロイドゼロを完成させるためにわざとゼスティウム光線のデータを防衛軍に取らせたのも気になりました。

ジャグラーがウルトロイドゼロのことを知ったのは今回が初めてな感じだったので、元々ウルトロイドゼロありきでストレイジの隊長をやっていたわけではないとは思います。

ウルトラマンに対して複雑すぎる感情を抱いているジャグラーが、なぜストレイジの隊長になり、なぜウルトロイドゼロの完成に手を貸したのか…

今後の種明かしを楽しみにしたいと思います。

それにしても地球防衛軍、さんざん活躍しているゼットではなく、地球に1回しか来たことがないゼロをモチーフにしてウルトロイドを作ったのか…(笑)

Amazon | BANDAI ウルトラマン ウルトラ怪獣シリーズ 133 ウルトロイドゼロ | ソフビ人形 | おもちゃ
BANDAI ウルトラマン ウルトラ怪獣シリーズ 133 ウルトロイドゼロがソフビ人形ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ゼナ先輩、パイロットになる

ゼットのスーツアクターである岩田栄慶さんが、キングジョーのパイロット役で顔出し出演。

スーツアクターさんの顔出し出演、特撮ファンは大好きなやつです(笑)

岩田さんの顔出しといえば、「ウルトラマンジード」のシャドー星人ゼナ役がお馴染みということもあり、Twitterでは「ゼナ先輩!」と反応した人も。

ジードも、今回と同じく坂本監督がメイン監督だったので、その縁でのキャスティングだったのでしょうか?

スポンサーリンク

今回も熱い坂本演出

坂本監督の得意技であるフォームチェンジを駆使したバトルが今回も炸裂。

ゼットは全ての形態に変身し、普段はベリアロクの販促に忙しいデルタライズクローは新技「ゼットスラッガー」と「デルタギガリッパー」を発動。ゼロ由来の技とジード由来の技を両方とも使うのが熱いですね。

さらにガンマフューチャーでは、ティガ・パワータイプ、ダイナ・ストロングタイプ、ガイアV2を登場させ、それぞれデラシウム光流、ガルネイトボンバー、フォトンクラッシャーを使わせるという大盤振る舞い。

さらに、ジードから譲られたギンガ、エックス、オーブのメダルで「ギャラクシーバースト」も使用。

さすが坂本監督!って感じの力の入ったバトルシーンでした。

ゼロ、ジード、ガンマフューチャーは全て、デビューを坂本監督が担当したという繋がりがあるので、愛が深くて演出にも力が入るってことなんでしょうねぇ。

ベリアロクの販促も忘れないってことなのか、久々に登場したセブンガーがベリアロクでバロッサ星人(三代目)を一刀両断するのも、製作陣のセブンガー愛が深すぎて笑ってしまいました(苦笑)

次回、ウルトロイドゼロはどうなる?

次回はついにウルトロイドゼロが実戦へ。

どう考えてもロクなことにならない予感…(笑)

スポンサーリンク

画像

タイトルとURLをコピーしました