【正義感は罪悪感を塗りつぶし、簡単に人を化け物に変える】王様戦隊キングオージャー 第44話

特撮・アニメ

第44話「王の証!真の六王国同盟」

スポンサーリンク

感想

俺がテッペンだ

今回は、リーダーのいない戦隊であるあるなリーダー決め回

さらにヒルビルの退場回でもありました。

案の定と言うべきか、やはり本作でもリーダーは決めないオチに。こういうところは戦隊シリーズの伝統に則っている感じがします。

まぁ、6人全員が国の王様なので、ワントップを決めるのは子供向け番組としてよろしくないって理由もあったとは思いますが。
 

何かわけがあって偽悪的に振る舞っていると思っていたら、単に権力欲に溺れていただけだったヤンマには、不覚ながらちょっと笑ってしまいました。

権力欲に取りつかれたブルーが、レッドに殴られて目を覚ますって、この終盤にやる話なのかと。

もう44話なんだから、そろそろ王様たちチームとして結束してくれよと(笑)

まぁ、そこからヤンマ主導で六王国同盟を結ぶ流れは非常に綺麗だったので、完全にタイミングを間違えたって感じもしなかったのですが。

どこまで行っても戦隊らしくならないのが、「キングオージャー」らしさだなと改めて思いました。

ヒルビルの撃破は、久々の巨大戦。

敵幹部の撃破に、強化形態ではない通常のキングオージャー?と尺に落ちない部分もありましたが、覚醒した王の証の強さの表現としては打倒なところではあったかも。なんかもうちょっと分かりやすいセリフが一言欲しかったところですが。


ヒルビルの爆破シーンは、珍しくオープンセットでしたね(たぶん) 

過去の戦隊でも巨大戦でオープンセット組んで爆破シーンが撮られることはありましたが、本作は世界観的にスタジオ内で撮られることがとにかく多いので、そんな中で巨大戦をオープンセットで撮ってるのは凄いなと思いました。

やっぱり本物の爆発ってのはいいですね。

ロボレス・ハスティー

唐突に使い回される、ギラマーク2の着ぐるみ。

たしかにあの1回きりのギャグ描写で終わらせるのは、もったいないけども(笑)

東映の公式サイト等で矢野さんが着てるオフショットが昔ありましたが、まさか本編に逆輸入される日が来るとは…
 

王様戦隊キングオージャー 第12話 6人目の王様
東映オフィシャルサイト 王様戦隊キングオージャー 第12話 6人目の王様

次回、ミノンガン退場回?

次回は、リタとカグラギが王の証を覚醒させる回っぽい。

今回のお話で、カグラギがイロキから託された小刀にも何か力が宿ってる描写があったので、リタの右目の力だけでなく、カグラギの小刀の方にも次回で触れるのかな?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました