【水野美紀さん ファイブマンぶりに特撮へ】超速パラヒーロー ガンディーン 第2話

第2話/秘密:secret

スポンサーリンク

感想

本当はドグーンV以来

ついこの間始まった気がしますが、早いもので次回で最終回ですねぇ…(しみじみ)

まぁ、全3話なんで当たり前なんですけど。

そんな第2話は、「パラスポーツ」と「特撮ヒーロー」という2大テーマの内、「特撮ヒーロー」の方の設定の説明という趣の回。
通常の特撮ヒーローものでも、1話でヒーローを活躍させて、2話3話で細かい設定の説明をする作品が多いので、順当な流れといった感じでしたね。

次回で最終回だというのに、まだガンディーンの戦闘用車椅子が出来てないのは特撮ヒーロー番組的にどうなんだと思いますが(苦笑)

まぁ、3話をまとめて「ガンディーンというヒーローの誕生」を描く1本の映画みたいなイメージなんだと思うので、悪くはないですけどね。たぶん、最終回ではラスボスっぽいラルーとの決着まではつかないでしょうし。

そんなラルー役はベテランの水野美紀さん。第1話から登場していましたが、主人公たちの前に現れたのは今回から。

水野美紀さんといえば、特撮ファン的にはやっぱり「地球戦隊ファイブマン」でのゲスト出演が印象的。もしくは、旦那さんが唐橋充さんであることかな?

特撮ヒーローものへの出演はファイブマン以来なのかと思っていたのですが、どうやら「古代少女隊ドグーンV」にも出演されていたようです。
ドグーンVといい、本作といい、やたら水野美紀さんがヒーローものに駆り出されるのは、やはりファイブマン世代の子供たちが大人になって出世したことで、「水野美紀さんを今一度ヒーローものに!」という力が働くからなんでしょうか(笑)

是非とも、古巣の戦隊シリーズに帰ってきてもらいたいものですな。

 
話は少し戻りますが、ガンディーンの車椅子の話。

足に障害のある息子がヒーローになったからといって、つるのさんがいきなり戦闘用の車椅子を開発し始めるのには、笑ってしまいました。そんな物騒な町工場の親父いやだよ(笑)

しかも、宇宙怪獣をちょっと足止め出来るレベルの火炎放射器を車椅子に装備するし。嫌だよそんな町工場(苦笑)

でも古くは、「帰ってきたウルトラマン」の坂田健なんかは、町工場で技術者をやりながらマットビハイクルのスタビライザーを開発したりしているので、その辺の町工場の技術力がなんか凄いというのは特撮あるあるといえば特撮あるあるだったりします。

まぁ、車椅子にいきなり武器つけようとするのは、どうかとは思いましたけど。

 
さてさて、そんなこんなで次回は最終回。

怪獣も四足歩行から二足歩行にパワーアップして、最終決戦って感じになってきました。

はたして、ガンディーンは等身大のまま怪獣を倒すのか、それとも巨大化して倒すのか。

水野美紀さんは倒されるのか。

最終回、要注目ですな。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました