スポンサーリンク

牙狼 -紅蓮ノ月- 第24話

スポンサーリンク

第24話「討月」

紅蓮ノ月、最終回!!

vs2016-04-08-23h57m24s222
vs2016-04-08-23h57m37s91
金時の棒で、剣に魔導火を灯すガロとザンガ。

袴垂はともかく、雷吼はそれ普段からもっと使ってけばよかったのに(苦笑)

vs2016-04-09-00h04m09s186
鎧の限界時間を迎え、心滅獣身へと落ちる雷吼。

しかし…

vs2016-04-09-00h07m42s8
vs2016-04-09-00h08m21s111
「俺は、黄金騎士… この剣は、力は
闇に虐げられ、喘ぐ、全ての魂を救うために
都を… 全ての人々を… そして、今目の前の…
道満! お前の魂すら救ってみせる!
それが、“ガロ”の称号を継ぐ者だ!」

心滅にも屈しない雷吼の心の光は、道満の闇に打ち勝てるか!?

翼人のごとき最後のパワーアップがカッコいい!

それにしても、麻聖さんは心滅を克服することに定評があるね(笑)

vs2016-04-09-00h20m15s101
無事にルドラを封印し、月へと帰っていく赫夜。

…いや、赫夜は魔導具だから、別に月から来たわけではないのか(笑)

最終回だからか、ところどころ、とても作画が綺麗。

vs2016-04-09-00h22m05s201
ルドラから切り離されて尚立ち向かってくる道満を、一刀の下斬り伏せる雷吼。

vs2016-04-09-00h23m04s11
道満さん、最後はアンチエイジングされて消えていきました…(笑)

と、そんな最終回。

巨大ボスの後に、事件の黒幕を倒すお馴染みの流れ。いつもの牙狼。

惜しむらくは、道満がこれまでほぼほぼ小物だったので、黒幕感が全然ないというところか(苦笑)

結局、道長様はラスボスになるでもなく、ただただ性格の悪い権力者のままで終わってしまったのだけど、本当にアレでよかったのだろうか?

道満と兄弟だったって設定もそんなに活きてない気がするし。

金時がなぜずっと子供のままの姿なのかって謎も、結局明かされなかったなぁ。

vs2016-04-09-00h29m38s120
そんなわけで、次回からは牙狼10周年記念、魔戒烈伝が始まりますよ!

ぶっちゃけ超楽しみ!!

タイトルとURLをコピーしました