ネオ・ウルトラQ 第10話

vs2013-03-16-23h27m53s175
第10話「ファルマガンとミチル」
今回は、お馴染みの「人間と怪獣との心の交流」エピソード。
ネオ・ウルトラQに対していつも思うのだけど、ウルトラQの直接の続編として、「怪獣」という存在が世間にかなり浸透している世界観なのは分かるのですが、いつも「異質なものを受け入れる過程」が省かれるので、いまいち物語に入っていけません。
ミチルは、ファルマガンの容姿に対して何のリアクションも起こさなかったのに、ラストのシーンでは「心が繋がってれば容姿は関係ない」とかいきなり言い出すし。
南風原さんは、いつの間にかミチルとファルマガンの関係知ってるし。
「必要のないシーンは描かなくても良い」
これは映像作りにおいては普遍の定理だけど、あまりにも省きすぎも問題だと思うなぁ。
vs2013-03-16-23h44m11s235
今回の怪獣、ファルマガン。
物体を復元する能力を持っているけど、ヘタクソで思った通りに直せない。
やがて、能力の多用により消えていく…というパターン。
ファルマガンが健気なのだが、当のミチルは、悪い男に騙されているようにしか見えなくて、2人とも浮かばれない(笑)
感動させようと思ってるのかもしれませんが、なんかこう、物語に入っていけなかった、そんな今回。

タイトルとURLをコピーしました