【登場シーン3秒の新マンがカッコよすぎる】ウルトラマンタイガ 第10話


第10話「夕映えの戦士」

スポンサーリンク

感想

ヒロユキが、仲良くなったナックル星人と悲しい戦いを繰り広げる回でした。

タイガのエピソードって全体的に暗いんですが、今回はそれに加えて、悲しい話。そういう作風なんでしょうなタイガって。

ゲストのナックル星人オデッサを演じたのは、石橋保さん。ウルトラマンネクサスの和倉隊長でお馴染みですね。

15周年で、ちょうどYouTubeで配信もしているネクサスの俳優さんをキャスティングしたのは、意図的なのでしょうか?

お話自体は帰りマンの要素が強いのに、ゲストはネクサス関係って、微妙にチグハグしている気がします(苦笑)

オデッサは過去にジャックと戦った経験があるようですが、71年当時にジャックと戦ったナックル星人とブラックキングは倒されているので、あくまで似たようなシチュエーションでジャックと戦った別個体のナックル星人とブラックキングがいたと解釈するのが良さそうです。

さすがに、オデッサが坂田兄妹を殺したナックル星人と一緒だとは考えたくないですもんね。

ただの回想シーンでしたが、夕日をバックに佇むウルトラマンジャックの雄姿は、月並みな言い方ですがメチャクチャかっこよかったです。

こんな感じでちょいちょい先輩ウルトラマンを登場させてくれると嬉しいですよね。せっかくM78やU40出身のウルトラマンたちが主人公なんですから。

次回は、平成ウルトラセブンでヒロインを演じていた鵜川薫さんがゲスト出演されるので、本筋よりもそっちの方が気になってしまう(苦笑)

   

タイトルとURLをコピーしました