第2次スパロボZ破界篇 プレイ日記21

28話からは長らく共通ルート。
30話はターン経過を気にせずSRポイントを取れるので、レベル上げを敢行。
フェイと、メタスに乗ったカミーユがレベル99に。
一向に武蔵がエースになりませんが、代わりにスザクがエースに。
カスタムとエースボーナス共に攻撃力アップなので、スポット参戦にしておくのは惜しい性能。まぁスポット参戦だからこその高性能なのかな。
後編では絶対に仲間にならなそうだし、アルビオン使いたかったなぁ。
スザクは離脱しましたが、改造に使った資金とユグドラシルドライブを置いていってくれました。
33話終了後の選択肢はもちろんCBルート。
34話はキラッ☆。
アイドルとイチャつくジョニーウラヤマシス。
矢三郎兄さんいたんだ(笑)
いなくても問題ない人物だし、削られてると思ってた。
声はワルズ・ギル殿下でゲイナーと同じですが、当然声はなし。
別の惑星だったガリア4が地球の一部に。まぁ分隊とはいえZEXISがみんなフォールドするわけにもいかないので、仕方ないか。
テムジンはともかく、オゴタイとか削られてもおかしくないのに出てくるあたり、矢三郎兄さんと合わせて今回は優遇されてるなぁ。
ジュン「僕も戦闘を放棄して、彼女の歌に酔いしれたい!」
お前はクウォーターでお留守番ですからぁ!残念!
途中、ランカかシェリルを選ぶ選択肢が出てきますが、劇場版の結末を知っている身としては、ランカが可哀想になってくる…
ということでランカを選んでおきました(苦笑)
35話はVSトリニティ。
絹江姉さん死んでたんだ。
1周目は何となく終盤までイザベルと一緒に出てきてたような気がしてて、「スパロボ補正で助かったんだぁ」とか思ってたんですが、壮大な気のせいだったようです。
刹那のエースボーナスが初めて機能したシナリオ。スローネアインを一撃で落とした時は気持ちよかった~
ナドレのトライアルシステムも初登場。ってかこの後は2ndシーズンまで出てこないんだよね(笑)
セラフィムの特殊能力に「周囲5マス以内のヴェーダリンク機体の能力を半減」とかで再現されないかなぁ。
36話はトランザム発動。
初めて戦ったかと思ったらもう退場しちゃうトリニティの皆さんが可哀想で仕方ない(笑)
キラがOSを書き換えて、CBのガンダムはヴェーダの支配下から逃れました。
先輩の助けを得ながら戦うってかっこいいね!
200年も前から大時空振動と多元世界の誕生を予見していたイオリア・シュヘンベルグ。
それどころか、DXが来ることも予見して月にマイクロウェーブ送信施設を作っていたらしい。
やりすぎじゃね?(笑)

タイトルとURLをコピーしました