第2次スパロボZ破界篇 プレイ日記1

とりあえず3話まで進めましたよ。
1話はオリジナル以外に何が出てくるのかなぁと思ったら、まさかの五飛w
予想のななめ上すぎるチョイスでした。
最近のスパロボの傾向なので仕方ありませんが、やはり主人公機が1機だけなのは寂しい。
僕はどちらかというとスーパー派なので、リアル系のみの時とかはさらに。
ただし今回の主人公機ブラスタは、1話終了後に選択肢があり、格闘向きか射撃向きかに武装のタイプを選択することができた。
これが主人公機選択の代わりということかな?
僕はスーパー系っぽく格闘向きを選びました。3周目には選択肢が増えたりするのかな。
2話はセオリー通りというか、ガンダム00の1話をモチーフにした話でした。
早くも出会うW組とソレスタル何ちゃら(登場人物たちにまともに正式名称で呼ばれないというw)
3話に行く前に選択肢が出まして、説明の内容からして、00の話か真マジンガーの話かに分かれるようだったので、迷った挙句マジンガーの方に行くことに。
真マジンガー仕様のマジンガーということで、久しぶりに強いマジンガーZが見られた気がする。
真マジンガー見たことなかったので、まさかあしゅら男爵が生身でユニットと化すとは思わなかったw
それにしても今回のストーリーで一番驚いたのは、今回の舞台の地球には日本が二つあるということ!
片方はエリア11としてブリタニア(今作ではブリタニア・ユニオン)の植民地となっていて、もう片方には光子力研究所なんかがあるらしい。おそらくスーパーロボットの研究所なんかは全部そっちの日本にあるんだろうなぁ。
この設定には正直うなった。なんといってもコードギアス参戦に対する最大の問題点が「スーパーロボットがあれだけいる日本をブリタニアが占領できるはずない」だったわけなのだから(笑)
スーパーロボットがいない日本ならそりゃ簡単に占領できてコードギアスのストーリーに何の支障も来たさないよなぁ。
脚本書いた人、必死で考えたんだろうなぁ・・・
今回の主人公、クロウには借金が設定されている。しかもストーリーの進行によって減っていく(今は減るのみだけど、増えることもあるのか?)
数値化されてるってことは、エンディングの条件になってたりするんだろうなぁ、やっぱり。

タイトルとURLをコピーしました